「夏を知らない子供たち 山本和音作品集」―ポップ&ライトな作者初の短編漫画集

漫画「星明かりグラフィクス」「生き残った6人によると」の著者・山本和音さんの初短編集「夏を知らない子供たち 山本和音作品集」。

表題作「夏を知らない子供たち」ほか、デビュー作含む数ページ~数十ページの短編11編を収録。265Pのボリュームを持つ読み応えバツグンの短編漫画集です。

「夏を知らない子供たち 山本和音作品集」感想

直線と曲線が入り混じったグラフィックデザイン感あふれる描画に乗って展開される、ポップでライトな物語の数々。流れるようなストーリーの中に織り込まれた、読み手の心にチクッと爪痕を残していく感覚がとても!良い。

SF風味から現代劇・ファンタジーまで、幅広いジャンルの収録作。個人的には、太陽で過酷な労働に就く若者の様子を描く「太陽からの手紙」、平均気温が52℃を超えた2150年の夏「夏を知らない子供たち」など、SF作品が好み。ライトなSF感覚が楽しめます

ほか、学業よりも恋愛を重視する世界の異質な恋物語「恋と夜をかけろ」や、デビュー作「100万ドルは安すぎる」も意外性のある面白さ。6PのSFショート「銀河鉄道の女」や、ファッショナブルな変身ヒーロー描く「コーディネートレンジャー」は、短いながらも思わずニヤリとしてしまう、印象的な短編。

「初短編集」というとクオリティはそれなり、なんてことも多いものですが、収録の11編どれもに独特の魅力・面白みがあるのは、「読み切り漫画が大好き」という作者ならでは。山本和音さんの長編漫画に興味がある方への入門書としてもオススメ。

まとめ

以上、短編漫画集「夏を知らない子供たち 山本和音作品集」の感想でした。初期作から近年の作品まで、作者の作風を存分に楽しめる一冊です。なお巻末には、山本和音さん自らによる「作者解題」を収録。こういうの、製作の背景が感じられていいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました