漫画「甘木唯子のツノと愛」―繊細な心情が込められたアーティスティックな短編集

ちょっと変わったタイトルの短編集、久野遥子(くの・ようこ)さんの漫画「甘木唯子のツノと愛」を読みました。

自分にかざされる手のひらを見上げる少女。その額には角状の突起が…。

スポンサーリンク

概要

アニメーション作家としても活躍されている久野遥子さんは月刊コミックビームでデビュー(「久野酸素」名義)。本作「甘木唯子のツノと愛」が初の漫画作品集です。

収録作品は「透明人間」「IDOL」「へび苺」「甘木唯子のツノと愛」の全4編。表題作「甘木唯子のツノと愛」のみ全3話で約100ページと中編的なボリュームです。

「甘木唯子の~」は、中学生の兄妹・宏喜と唯子が主人公。母が出ていった家で父親・祖母と暮らす二人。母に憎しみを持つ宏喜は、唯子の額に生えているツノで「特訓」をする日々。いつか母を殺すために。しかし母は意外な形で宏喜たちの元へ―、というお話。

他三編も、少年少女たちの微妙な心を様々な形、様々な筆致で描いた短編です。

「甘木唯子のツノと愛」レビュー

どの作品も明快なオチや「その時、登場人物たちは何を考えていたか?」をくっきりはっきり描かないタイプの作品群。このブログは基本ネタバレ無しでお送りしているのでなかなか感想を書きにくい(笑)。

しかしどの作品も、「はっきりとはわからない何か」を探すために再びページをめくらせる力を持っています。作品からの明確なメッセージを求める読み手には向かない漫画かもしれませんが、じっくり・ゆっくり、物語に込められた魂を紐解きたいという方にオススメ。

正直な感想としては、表題作「甘木唯子のツノと愛」のラストの解釈、すごく難しいです。一通り読んでさて唯子のツノとは、そして愛とは何だったのか…。何となくモヤ~ッとしたものは浮かぶのですが、うん、これは誰かと語り合いたいタイプの漫画ですね。

ストーリー的に気に入ったのは「へび苺」。サーカスに来た研究所の所長と娘。団員の少年は所長の提供するヘビの「気ぐるみ」をまとって少女を飲み込むショーに出るが、しかし少女も実は「気ぐるみ」で…という妖しさの漂う短編。人間の外面とは?内面とは?淫靡な雰囲気を醸し出す終盤もインパクトがあります。

そんな短編集「甘木唯子のツノと愛」ですが、ストーリーと共に注目なのはそのアーティスティックな描写。全編を読んで気づくのは4作ともにその描写スタイルが異なること。

  • 透明人間:コミックビーム2010年11月号
  • IDOL:2010年 第12回えんため大賞【特別賞】受賞作
  • へび苺:コミックビーム2012年11月号
  • 甘木唯子のツノと愛:月刊コミックビーム2017年5月号~7月号

以上が各作品の初出で、都合7年間で描かれたもの。ときに柔らかなタッチだったり、アニメ的な陰影だったり、4作品とも多彩な顔を見せてくれます。これは7年間のスタイルの変遷なのかもしれませんが、多分意図的にされているんじゃないかな、と。作品によって意図的に作風を変える、というと九井諒子さんを想起しますが、まさにそんな感じ。そしてどのスタイルもとても安定していて見応えがあります。

そしてもう一つ作風で惹かれたのは描かれる構図の多彩さ。斜め上からの視点、足元のアップ、引いて・煽って、そして斜めに傾いて。私は素人なのでその技法を細かく論ずることはできませんが、とにかくコマ内の描き方が多彩という印象。特に傾いた構図はキャラクターの心情の不安を顕しているかのようで新鮮でした。

キャラクターの動きもアニメーションの一瞬を切り取ったかのようで、一コマ一コマに今にも動き出しそうな躍動感が詰まっています。久野遥子さんは多摩美大のグラフィックデザイン科卒、そしてアニメーション作家でもあるということで、その経歴も関係しているのでしょうか。一般的な漫画とはまた違った感覚を読者に与えてくれます。「読む」だけではなく「見る」楽しさがありますね。

以上、久野遥子さんの短編漫画集「甘木唯子のツノと愛」のレビューでした。物語・作画に惹かれて、一読した後にまたもう一回、またもう一回、とページをめくりたくなる不思議な短編集です。今度は単行本1巻分ぐらいの長編を読んでみたいですね。久野遥子さんの次回作にも期待です。

漫画データ
タイトル:甘木唯子のツノと愛 (ビームコミックス)著者:久野 遥子出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2017-07-24
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする