「アップルシード」―SFアクション漫画の古典的名作

この記事は約5分で読めます。

ミリタリー系・ポリス系の漫画を読む時、個人的にその作品のリアリティを図る基準としている漫画があります。士郎正宗(しろう・まさむね)さんの「アップルシード(APPLE SEED)」です。

士郎正宗さんと言えば、アニメ・実写映画化された「攻殻機動隊」でその名を知る方も多いでしょう。「アップルシード」はそれ以前に発表され、士郎正宗の名を世に知らしめた漫画です。

第1巻の刊行から30年以上(!)経ちますが、近未来を描いたその内容は今読んでも斬新。「古典」と言うには(勝手に言ってるだけだけど)、まだまだ色あせない魅力が詰まっています。

「アップルシード」レビュー

あらすじ・概要

22世紀、第5次非核大戦後の世界が舞台。廃墟で生きる元特殊部隊の女性デュナン・ナッツと、そのパートナーであるサイボーグ、ブリアレオスは、バイオロイドであるヒトミに導かれ、大戦後の世界を影響下に置く「オリュンポス」に移住。

以降、ESWAT(SWATの上級職のようなもの)として特殊任務につく二人が、オリュンポス内外の事件や陰謀に関わっていく―。というのが、「アップルシード」の主なあらすじ。士郎正宗氏のメジャーデビュー作品で、青心社より単行本4巻+αが刊行されましたが、未完。現在は、KADOKAWAより再刊行された電子版を読むことができます。

なお「攻殻機動隊」の世界は、「アップルシード」の100年前(発表は「アップルシード」の方が先)。同一世界観に存在する両作品ですが、それぞれの物語は独立しており、関連はありません。

【電子版】アップルシード(1)プロメテウスの挑戦 (カドカワデジタルコミックス)士郎 正宗:KADOKAWA

アップルシードの衝撃

青心社版第1巻「アップルシード プロメテウスの挑戦」の刊行は、1985年。当時「書き込みがスゴイ」というのが、その世界観とともに話題になっていた記憶があります。

また書き込みだけではなく、重厚にして複雑なSF世界観、専門的な知識にあふれる特殊部隊の描写、アニメ層に親和性の高いキャラクターなど、多彩な魅力を内包。初めて読んだ時、「これは他のSF漫画とは一味違う…!」と衝撃を受けたことを、覚えています。

なお今読むと確かに書き込みはスゴイのですが、1~2巻では若干ゴチャついてる感があります。しかしそれも、3・4巻と巻を重ねるに連れて、より洗練されたものに。士郎正宗氏の画力が上がっていく過渡期の作品と言えるでしょう。

緻密なアクション描写

さて、アップルシードの魅力を語れば尽きることが無い、というか、複雑な物語ゆえとても語る自信が無いのですが(笑)、本作が特に他の漫画と一線を画していると感じるのが、専門的な知識に裏打ちされたアクション描写。特にガンアクションのディテールは必見です。

例えば4巻「プロメテウスの大天秤」の中盤。別行動をする相棒・デュナンが心配なブリアレオス。彼を冷静にさせるため、仲間であるブリアレオスに銃を向けるスドオ、というシーン。

ブリアレオスはスドオが撃たないと判っていたのに反射的に知覚を腕で被った事を後悔した。標的に自らの存在を知らせる奴はTVドラマとモルグにしかいないのだ。

P123(電子版)の欄外脚注にて、という解説が。スドオはブリアレオスに存在を認識されているにも関わらず銃を構えた。一方のブリアレオスはスドオの狙いがわかっていたのに…という話。

要は、銃を撃つ時に自らの存在を明らかにするのは死ぬようなもんだ、ということですね(モルグとは死体置場のこと)。明らかな理由が無い時に、「Hey!」と相手を振り向かせるヤツはいないのです(フィクションではそういう描写をしがち)。

また2巻冒頭、SWATの突入シーンで、ミラーを使って死角の安全確認をするデュナンが描かれたり(他にも同様のシーンあり)。実際の兵士や特殊部隊の動き方が、劇中で緻密に描かれます。

ミリタリーアクションやポリスアクション、その他ガンアクションを描く漫画は数多くありますが、アップルシードを読むと、作品のリアリティ度がよくわかります。

※もちろん、それを分かってあえて見栄えを優先している、という場合もあります。

ランドメイトの存在

またアクションと共に、アップルシードのSF的世界観を形作る大きな要素の一つが、パワードスーツ「ランドメイト(LM)」の存在(ちょっとわかりにくいのですが、3巻表紙で主役二人の後ろに多数配置されているのがLM)。

人間が搭乗するロボットとはまた異なる魅力を持つパワードスーツ。強化外骨格、マニューバスレイブ、パワードトレーサーなどとも呼称されますが、アップルシードの世界ではランドメイトと呼ばれるそれ。刊行当時、洋画やアニメ・漫画などで、パワードスーツを描く作品が多数登場していましたが、アップルシードでの描写は非常にリアリティのあるものでした。

人間の約2倍程度の大きさで、搭乗するというよりは「着込む」もの(腕だけは外部に露出するというデザイン)。人間の動きをトレースしその力を増幅させる、というのがLMの大きな特徴。サイボーグと人間が共存するアップルシードの世界で、サイボーグ犯罪やその他特殊任務に用いられるランドメイトの迫力あるアクションが、大きな存在感を放っていました。

SF観あふれるストーリー

そしてリアリティのあるガン・アクション、メカ・アクションに支えられた、緻密にして複雑な世界観から産み出されるSFストーリーが、アップルシードの真骨頂。混沌に包まれる大戦後の世界で、理想郷にならんとするオリュンポス。そこでは様々な思惑が錯綜し、そして事件が起きます。

個人的に特に印象的だったストーリーは、2巻「プロメテウスの解放」。人間のために働く(労働の意では無い)ことを、第一義とするバイオロイドたち。議会にて、「人間の平和」を維持するためには、「人間の(心の)制御」が必要だとの結論に達する。

それを知ったオリュンポスを統治する巨大コンピューター「ガイア」は、人間のために「バイオロイドの排除」を決議。多脚砲台(カニ足を持つ巨大砲台)により、オリュンポス内のバイオロイドに攻撃を仕掛ける。混乱に陥るオリュンポス。人間として、デュナンとブリアレオスはどのような行動をし、そして決断を下すか?というストーリー。

現在ではAI(人工知能)が重要な存在となってきて、AIにその判断を委ねるケースも現実的になってきました。作中ではバイオロイドとコンピューターがAI的なポジションにいるわけですが、さて、人間の幸福を追求するがゆえに起きた騒乱。デュナンたちが最終的に取った行動は果たして?SF作品ならではのおもしろさ・魅力が詰まっったストーリーです。

まとめ

以上、SFアクション漫画「アップルシード」のご紹介でした。魅力的なキャラクター、リアリティのあるアクション、SF心をくすぐるストーリーを持つ作品。今読んでも色褪せない魅力があります。

そしてその結末ですが…「アップルシード」は単行本4巻とプラスアルファのストーリーで、残念ながら未完という状態。ですが、それを差っ引いても余りあるおもしろさがある漫画。1~4巻それぞれのストーリーもそれぞれの巻で完結しているので、中途半端な印象はあまり受けないでしょう。

士郎正宗作品は攻殻機動隊しか知らない、映像しか見たことがない、という方に特に読んで欲しい「アップルシード」。読むとその世界観に打ちのめされること必至です。SF作品を見る目がより広がるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました