漫画『AV男優はじめました』―マジメに笑えてタメになる?業界お仕事物語

会社が倒産、妻とも離婚しドン底に落ちた男は、再起をかけて東京へ。そこで選んだ道は…「AV男優」?

漫画『AV男優はじめました』。ひょんなことからアダルトビデオの男優となった、作者・蛙野エレファンテさん。本人自らが業界事情を「漫画」で描く、異色のコミックです。

連載は新潮社のWeb漫画メディア『くらげバンチ』。2022年2月現在、コミックス1~4巻が刊行中。

『AV男優はじめました』感想・レビュー

概要

約10年前、当時30代で「会社の倒産」と「離婚」を経験した蛙野エレファンテさんは心機一転、東京へ。

数年後、友人との飲み会で知り合ったAV業界関係者の紹介で、「女優の裸が見れる」という軽い気持ちから「汁男優」をすることに

しかしそこで思いもかけず「いい結果」を出したことから、なし崩し的に業界での仕事が増えてきて、最終的には本格男優の道へ…!

そんな異色の経歴を持つ蛙野エレファンテさんが、AV製作の裏側から業界事情、果ては恋愛まで?を自らコミック化!『AV男優はじめました』ではその様子が、4コマ形式で面白おかしく綴られていきます。

「プロ」が求められる職業

カワイイ女の子とエッチができてお金も貰えるなんてウハウハだぜ!

…誰しも一度はそんな事を考えそうな、AV男優という職業。しかし世の中そんなに甘い訳が無い!

主役である女優、そしてユーザーのことを第一に考えなければ成り立たない、非常にシビアな映像ビジネスであるAV。そこで「プロとして」働く男優には、様々なテクニックが求められる!

と言ってもエッチのテクニックじゃなくって、それは例えばナニの状態や発射のタイミングをコントロールしたり、カメラを邪魔しないポジション撮りをしたり、監督の指示で体位を変えたり…。

そんなプライベートでは決して求められないものを、状況に応じて臨機応変に、しかも人前でやらなければいけない!という職業。男性ならばそれが如何にハードであるか、想像に難くないところ。

本格男優への道…!

そのAV業界に、「その他大勢」役のつもりで軽く参加した蛙野エレファンテさん。しかしなぜか、女優と1対1になる「主観フェラ」シーンの男優を務めることに。

予想外な出来事にビックリしながらも、意外と上手くこなせた作者。特に男優になろうと思っていたわけではないが、そこから2本目の出演、ADなど撮影に深く関わっていくことに。

そして監督や他の男優など撮影関係者と馴染みになり、遂に「絡み」をこなす本格的男優の道へステップアップ…!

そこに至るまでの過程、また至ってからの苦楽が、「一般漫画としての矜持(笑)」を保ちながら、絶妙な加減で描かれていきます。(ホントに絶妙なのよ…!)

漫画としてシンプルに面白い!

そんな『AV男優はじめました』。AV業界の裏表を描いた作品は数多くありますが、本作が特異なのは「本物の男優【自ら】が描いた漫画」であること。

別の漫画家さんによるコミカライズではなく、実体験からダイレクトに紡がれる圧倒的な「本物知識」には、他作品の追随を許さない「リアル」があります。

しかも蛙野エレファンテさん、シンプルに漫画が面白い&絵が上手い!

本作は1話に10数本の4コマを収録する形式なのですが、各4コマでも、1話通しても、きっちりオチがついてしっかり笑える内容。しかもためになる業界知識がてんこ盛り(笑)。

また蛙の姿をした作者はじめ、各キャラクターの描写もナチュラル。特に女の子の造詣が非常にカワイイ!ストーリー漫画でも十分通用するレベルなのでは。

蛙野エレファンテさんは本作で初めて漫画に挑戦されたそうですが、「嘘やん…?」と思わずにはいられない。よくあるコミックエッセイとは、一線を画すクオリティがあります。

気になるエピソードも…

そして蛙野エレファンテさん、文春オンラインのインタビュー記事によると、5年のキャリアで250本以上に出演されているとのこと。立派な(?)AV男優です。

しかしこの業界で避けて通れないのが「顔出し(顔バレ)」

『AV男優はじめました』1巻で顔を出すかどうか迷いながらも、「失うものは無い!」と顔出し解禁を決めた作者。ですがキャリアを積むうちに、その影響が意外なところに出てきて…?

また共演したとある女優さんと、「友人」関係になった蛙野エレファンテさん。

恋愛感情を抱くも、女優さんとの恋愛はご法度、怖い噂もあったりする世界で、果たしてその恋は成就するのか…?といったエピソードも。

4コマ形式でライトに笑える漫画でありながら、その中に業界で経験した様々なが出来事がストーリー形式で織り込まれ、意外な読み応えがあります。

さてそんな数々のエピソード、その結末は…ぜひ本編でお楽しみを!

まとめ

以上、蛙野エレファンテさんの漫画『AV男優はじめました』の感想・レビューでした。

セックス・エンターテインメントの裏側を赤裸々に、しかも面白く描き上げる、異色のコミック。ことさら業界を卑下も美化もしていない、というスタンスにも好感が持てます。

そして本作を読み終わったあとは、AVが今までと違った角度で見えるはず。それが良い影響を与えるかどうかは、あなた次第!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました