漫画『FLIP-FLAP(フリップフラップ)』―ピンボールに賭ける恋と青春!

彼女のハートを射止めるために、ピンボールの伝説的ハイスコアを超えろ!

とよ田みのるさんの漫画『FLIP-FLAP(フリップフラップ)』。講談社発売だった単行本を、作者が自身のレーベル「FUNUKE LABEL」から電子化した全1巻。熱いピンボール愛があふれ過ぎる!異色のピンボール漫画です。

『FLIP-FLAP』感想・レビュー

あらすじ

いたって普通の青年・深町くんは、高校卒業の日に憧れの山田さんに告白をする。

玉砕覚悟だったが、その返事は意外にも「OK」。ただしそれには「ピンボール『TWILIGHT PLACE』で謎のプレイヤー『UFO』のハイスコアを超えること」という条件が!

その日から山田さんへの愛をかけた、深町くんの奇妙なピンボール人生が幕を開ける…!

FLIP-FLAP (FUNUKE LABEL)とよ田みのる:

ピンボール愛が熱い!

「ピンボール」とは直径1インチの鉄球が筐体の中を跳ねまわる、アメリカ生まれのゲーム。そのルールは単純明快で、3個の持ち玉で可能な限りスコアを稼ぐ、というもの。

この『FLIP-FLAP』は、そのピンボールが物語の中心となる漫画。山田さんへの告白をきっかけに、深町くんがひたすらピンボール道を突き進むのですが、全編に渡って疾走感がハンパない!

徹頭徹尾、ピンボールを中心に描かれるストーリー。ボールを目で追い、フリッパーで弾き返し、台をバン・バックしてボールを操る。揺らせ!あきらめるな!震えろ…!

ピンボールという単純な遊戯が、テンポの良いストーリー展開で極上のエンターテインメントに昇華。有無を言わさぬそのノリ・勢いにのって、いつしか深町くんを応援しているような、はたまた自身が深町くんになったかのような熱い気持ちに。

手のひらに思わず汗がにじむ…!

心に残る青年の成長

そんな『FLIP-FLAP』という物語の中で心に残るのはピンボール愛、そして主人公男子・深町くんの成長。

これといった特徴のない普通の青年だった彼が、「山田さんと付き合いたい」というちょっと邪な理由で、「伝説のハイスコア超え」にチャレンジ。

しかし難関を超えるために努力を積み重ね、山田さんや仲間たちに認められ、やがて普通が普通でなくなり、「UFOさんの出したハイスコア」に近づいていく…。

その過程、その描写が、熱い、あつすぎる!

彼の真剣な表情、そして仲間たちの笑顔を見ていると、沈んでいる心が晴れていくような、ビッグウェーブがモヤモヤを洗い流すような、そんな熱い波を感じます。

さてその熱さの中で深町くんは、ハイスコアを出すことができるのか?そして山田さんのハートをキャッチすることができるのか?その結末はぜひ本編で見届けてください。

まとめ

以上、とよ田みのるさんの熱血青春恋愛ピンボール漫画『FLIP-FLAP』のご紹介でした。かつてここまで熱くピンボールを描いた漫画があっただろうか?いや、ない!そしてこれからも…。

なお本書には『FLIP-FLAP』の他に、読み切り漫画『EXTRA BALL / ATTACK FROM MARS』、ゲームサイド2008年12月号掲載の『リアルFLIP-FLAP』、書店POPやホームページ用のイラストなどが収録、非常に豪華な内容となっています。本編と併せてお楽しみを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました