漫画「HUMANITAS ヒューマニタス」―過酷な戦いに挑む三人の戦士の物語

これはスゴイ漫画を読みました。山本亜季さん描く全1巻完結漫画「HUMANITAS ヒューマニタス」です。

刀を構える少年。鋭い瞳には何が映っているのか―。

スポンサーリンク

概要

「HUMANITAS ヒューマニタス」は全7話構成。大きく3つの話に分かれています。

・オセロット(第1・2話)
15世紀の中央アメリカ。掟によって別々に育てられた双生児は13度目の冬に戦い、生き残りのみ正式に部族の一員として迎えられる。片割れであるオセロットは生まれつき視力が弱く、双子に剣を教える戦士・ネスロは彼の身を案じるが…。

・ユーリ・シルバーマン(第3・4話)
20世紀、まだソビエト連邦共和国が存在していた冷戦時代。ユーリ・シルバーマンは反体制運動容疑により不当に収容所に収監される。やがてチェスの能力を開花させ、アメリカと戦う「冷戦の戦士」として解放されるユーリ。行方不明となった妻子を探しながら英雄となり、やがて世界大会でアメリカ代表との勝負に挑む―。

・エナ(第5~7話)
リヴァプールに戻る貿易船が嵐に遭い転覆。遭難したウィリアムは、極寒の地で現住民である少女・エナに命を助けられる。鯨を貴重な栄養源として狩る彼らと生活を共にするウィリアム。彼はやがてエナにひかれていくが―。

「HUMANITAS ヒューマニタス」感想

冒頭でも書きましたが、とにかくスゴイ。ストーリー・画力ともレベルが高く、読み応え充分。作者の山本亜季さん、これがデビュー作?「大型新人」との触れ込みですがとても新人のレベルには見えない…(※本作は2016年10月の刊行)。

こちらは山本亜季さんご本人による紹介漫画Tweet。「いろんな国のいろんな戦士たちを描いたまんが」とのこと。

なるほど、三作の主人公達は時代も立場も異なれど、みな「戦士」ですね。決して単純化はできませんが、オセロットは運命と、ユーリは国家と、エナは自然と、それぞれに立ち向かう戦士と言えます。

そして物語で確かに描かれるのは「人間」。銘々の戦いに挑む彼らが発する熱い吐息と血潮。コマの端々からひしひしと伝わってくる迫力があります。まさに「ヒューマニタス」。

個人的に特に好きなのはチェスの戦士「ユーリ」。最終勝負で彼に突きつけられる残酷な選択。彼がそれまでの苦難を振り返り、そして決意した時の表情!鳥肌が立ちました。きっと、確かに歴史の中で苦難と、そして自らとの戦いに臨んだ人間がいたのだ。そんな気持ちを心に残してくれました。

それにしてもストーリー構成がウマイ。読んでいると三作品とも「あー、この先はこんな感じになるんじゃないかな」という道筋が何となく見えてくるんですね。

しかし!そんな浅はかな予想を裏切り、そして更なる高みへと読者を連れて行ってくれる結末。三作品とも満足の読後感でした。今度は長編を読んでみたいですね。山本亜季さん、期待の漫画家さんです。

漫画データ
タイトル:HUMANITAS ヒューマニタス (ビッグコミックス)著者:山本亜季出版社:小学館発行日:2016-10-28
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする