SF漫画「メランコリア」―巨大彗星落下前の世界描くシュールな連作ショート・ストーリー

この記事は約3分で読めます。

巨大彗星「メランコリア」の接近により、滅亡寸前の地球。そこで繰り広げられる、奇想天外なショート・ストーリー。その意外な結末は―。

道満晴明さんの「メランコリア」。シュールなSF系コメディが詰まった上下巻です。

「メランコリア」感想

シュールなショート・ストーリー

「私が部屋で引きこもっている間に 世界は終末を迎えていた」

というモノローグから始まる第一話「Apocalypse(終末)」。滅亡寸前の世界で、突如喋りだした飼い猫に、引きこもりの女性が「最後の審判」を受ける、というSF系コメディです。

以降「メランコリア」では、

  • 殺し屋に巨大な「マリオ穴」に連れて行かれる女子高生三人組。その一人が殺し屋に持ちかけた取引とは―。(第3話「Cutthroat」)
  • ホテルの一室で死んだ作家の小説世界に閉じ込められたメイド。作家の執筆を引き継ぐことになるが―?(第4話「Do not disturb」)
  • 突如、空から降ってきた魚の群れ。その謎を追う女子高生二人が遭遇したものは―。(第6話「Fafrotskies」)

など、世界の滅亡が絡んだり絡まなかったりする、アルファベットA~Zからタイトルの始まる不思議なショート・ストーリー全26編が展開されていきます。

メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)道満晴明:集英社

笑いと毒

ポップでクオリティの高い作画と、それにのせて繰り広げられるゆるやかな笑い。道満晴明さんならではの、この各話がシンプルに面白い。しかし不意にドギツイ展開があらわれて、ドキッとする

第3話「Cutthroat」では、とある犯罪に手を染めた女子高生たちが、敵対勢力の殺し屋にサクッと始末される、というカワイイ絵柄とは真反対のえげつない内容。しかしそのラストでは、妙に余韻の残る別種のえげつなさが、これまたサックリと描かれます。道満晴明マンガならではの洗練された絵柄とシュールな笑い、そしてほんの少しの「毒」が、妙に中毒的

個人的に特に印象的な一編は、第8話「Handspinner(ハンドスピナー)」。助けた宇宙人から、1度だけ過去に戻ることのできるハンドスピナーをもらった女子学生。その後、親しい同級生の男子がある事件を起こす。彼女が取った行動は?というお話。

その結末は予想される安易な展開ではなく、なかなか考えさせられるもの。淡々としながらも、心に強いインパクトと、ちょっとのモヤモヤを残していきます。

徐々に見えてくる繋がり

そんなバラエティに富んだ各話を楽しんでいるうちに、徐々に世界の全体像が浮かび上がってくる、という趣向の「メランコリア」。序盤で登場した人物が別の話に再登場したりして、微妙な繋がりとゆるやかな時の流れが見えてきます。

そして迎える、物語全体としての結末。果たして巨大彗星メランコリアは地球に落ちるのか?人類は滅亡してしまうのか?

局所的にも全体的にも、ユーモアとひねりの効いたSF展開が楽しめる物語。全26話を読み通したあと、再び第1話からページをめくりだしたくなる、そんなおもしろさがあります。

まとめ

以上、道満晴明さんの「メランコリア」上下巻の感想でした。単話としても、全2巻の大きな物語としても、クオリティの高い全2巻完結漫画。随所に埋め込まれた仕掛けを何度もめぐって読み解く、という楽しみもあります。ユーモアのあるSF漫画が好きな方にオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました