「機動警察パトレイバー」―オンリーワンの魅力を持つ巨大ロボットSF漫画

この記事は約6分で読めます。

ゆうきまさみさんの「機動警察パトレイバー」。

完結から20数年。今見ても色あせない、完成度の高いSFロボット漫画です。

単行本は小学館サンデーコミックスで全22巻完結済み(文庫・ワイド版もあり)。

当時珍しかったメディアミックスの巨大ロボットもので、アニメ版(OVA版)の監督は「攻殻機動隊」を手がけた押井守氏です。

「機動警察パトレイバー」感想

「機動警察パトレイバー」とは?

「機動警察パトレイバー」は、ゆうきまさみ・出渕裕・高田明美・伊藤和典・押井守の5名で構成されたグループ「ヘッドギア」による、メディアミックス作品

まずは週刊少年サンデーにて、ゆうきまさみさんによる漫画連載がスタート。並行して製作された押井守監督によるOVAを経て、劇場版へと発展。のちにTVアニメ化や実写化もされた大人気作品です。

漫画版の基本設定は、アニメ版(OVA版)と同一。ですが、一部登場人物や細部の設定が若干異なり、ストーリーも漫画版オリジナルとなっています。

機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス)ゆうきまさみ:小学館

パトレイバー概要

舞台は西暦2000年。「レイバー」と呼ばれる作業用ロボットが、そこかしこで稼働する近未来の世界。

その普及に伴い増加した「レイバー犯罪」に対抗すべく、警視庁は「98式AV イングラム」を導入。

それに搭乗する主人公・泉野明(いずみ・のあ)はじめ、個性的な特車二課第2小隊面々の活躍が描かれます。

漫画版の大きな特徴は、多国籍企業シャフト・エンタープライズの企画7課 VS 特車二課第2小隊の戦いが、物語の大きな軸となっているところ。

1巻で第2小隊の創設が描かれたのち、企画7課長・内海が開発、少年バドが操縦する黒いレイバー「グリフォン」と、特車二課の新型レイバー「イングラム(AV-98)」の対決が、メインで描かれます。

パトレイバーのみどころ

さて漫画版「機動警察パトレイバー」。完結より約24年、スタートから数えると約30年前の作品ではありますが、これが今読んでも面白い。

読み返すと、改めて気付く魅力があります。

ゆうきまさみ氏の表現力

「機動警察パトレイバー」に今なお色褪せない魅力を与えているのは、何と言っても作者・ゆうきまさみさんの表現力

前作「究極超人あ~る」全9巻についでの連載となった本作で、その流麗な作画は完成した、と言っても過言ではないでしょう。

現在でこそCGを活用した、レベルの高いロボット漫画が多数ありますが、アニメ作品とほぼ同じデザインであるロボットをイキイキとカッコよく描ける表現力は、特筆もの。

またメカのみならず、キャラクターの作画も高いレベルで両立。ストーリーももちろん魅力的。ロボット漫画という枠にとどまらず、漫画としてシンプルにクオリティの高い作品です。

イングラムのデザイン

主人公機であるイングラム(AV-98)の洗練されたデザインは、見るもの(犯罪者とか)に与える影響も考慮されているもの。

「レイバー」は作業用であり、均整の取れた人型である必要の無い世界において、その姿は一際目を引きます。

もちろんそれは設定上の理屈ですが、それゆえにロボットヒーローものらしいカッコよさにあふれています。

左右非対称の大きなアンテナも主人公機としては珍しいもので、独特のセンスが光ります。

デザイナーは「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のMSデザインを手掛けた出渕裕さん。時を経ても古さを感じさせず、「警察用のロボット」としても説得力を持つデザインです。

またライバル機である「グリフォン」のケレン味あふれるデザインも、イングラムと並んで相互にその魅力を高めあっています。

戦争をしない巨大ロボット

「巨大ロボットもの」と言えば、戦争をしているか異星人と戦っている、というのが良く見られるパターン。

ですが本作登場の「レイバー」は基本的に労働をするもの。もちろんパトレイバー(イングラム)も、基本的には労働をする道具です。

そして警察用ロボットの目的は、もちろん犯罪を犯す労働ロボットの取り締まり。「軍用レイバー」なるものも存在しますが、作中で描かれるのは命のやり取りではありません。

これは今見てもユニークな設定で、「兵器では無い巨大ロボット」という設定が、パトレイバーを唯一無二のロボット漫画にしています。

ちなみにイングラムの全高は約8m。ガンダムの約半分、「装甲騎兵ボトムズ」のスコープドッグの約2倍のサイズで、親しみを感じる絶妙な大きさです。

操縦者は女の子

そんな巨大ロボットものである「機動警察パトレイバー」、ロボットを操縦する主人公・泉野明は婦警。つまり女の子です(彼女は20歳なので、「女の子」というのは少し失礼かもしれませんが)。

巨大ロボットが登場する漫画・アニメを見渡しても、「女の子が主人公パイロット」という作品は意外と無いもの。30年前ならなおさらです。劇中での彼女の活躍は、今読んでも新鮮さを感じます。

中年の魅力・後藤隊長

その野明の上司である、第2小隊隊長・後藤喜一。彼はパトレイバー以前の「隊長像」とは一線を画す、実にユニークなキャラクター。

パトレイバーを語る上で、絶対に外せない人物です。

一見やる気が無さそうに見えながら、かつては「カミソリ後藤」と異名を取った切れ者。

曲者ぞろいの第2小隊を統率しつつ、その本領は、レイバーの暴れる現場以外でも発揮。

様々な事件の「裏側」を独自の嗅覚で読み取る、「機動警察パトレイバー」の影の主役とも言える後藤。中年ならではの渋さ・カッコよさを持つ、特異なキャラクターです。

悪の輝きを持つ内海

そして漫画版「機動警察パトレイバー」の「悪役」を務め、物語の敵役として異彩を放つのが、多国籍企業「シャフト」の企画7課課長・内海。ある意味、後藤隊長と対となる人物です。

内海を初めてみた時は、結構衝撃的だったなぁ…。全然悪役らしくないw。常に笑顔を絶やさない、人当たりの好さそうなビジネスマン然とした風貌。

しかして、その腹の中は真っ黒。とっつきやすい外見と子供っぽい性格の中に隠された、「得体の無さ」。

次に何をするのか全く予想が付かない、物語を大きく引っ張っていくタイプの悪役です。

そもそも警察というのは、事件が起こってから行動するもの。内海が黒いレイバー「グリフォン」を使って起こす事件の数々が、物語の原動力となりました。

オンリーワンの魅力

そんな「機動警察パトレイバー」。その魅力を挙げればキリがないのですが、一つ言えるのは「大人になってからわかるおもしろしさがある」ということ。

少年サンデー連載ということで基本は中高生向けであり、「正義のロボット VS 悪のロボット」という王道の構図。しかし今読み返すと…。

結構、大人向けのきわどい内容が描かれています(笑)。

バドが内海の「お稚児さん」じゃないかとか、後藤が部下と「泡のお風呂」に行くことを匂わせたりとか、週刊誌の見出しに「スワッピングクラブ」とか…。

少年誌連載とは思えぬ内容もチラホラ

ちょっとアダルティックな要素に加え、縦割り社会である警察組織、非合法に活動する大企業、外国人労働者問題など、大人になったからこそより深く理解できる内容が、その物語の中にふんだんに盛り込まれています。

っていうか少年誌向けの内容じゃないw。

でもリアルな現実社会を物語に組み込むことで、作中の警察描写に説得力が増している、というのが「機動警察パトレイバー」ならでは。「大人が読んでも面白い巨大ロボット漫画」になっています。

まとめ

以上、時を経ても独特の魅力を放つSFロボット漫画、「機動警察パトレイバー」のご紹介でした。

大人になってから読み返すと、「野明+イングラム VS バド+グリフォン」という巨大ロボットものならではのワクワク感と、「後藤+特車二課 VS 内海+企画7課」という大人向けのサスペンスを同時に味わえる、一粒で二度おいしい作品、という印象です。

20数年前の作品ということで、連絡手段がポケベルだったり、ネットが電話回線だったり、といったレトロな描写もありますが、それを差っ引いても色あせないおもしろさを持つ作品。

何より「少年サンデー」という三大少年誌で巨大ロボット漫画が長期連載され、22巻まで続いたということが、その魅力を物語っています。

未読の方はもちろん、かつての読者も今読むとまた新しい発見ができる、「機動警察パトレイバー」。他に類を見ない、オンリーワンのおもしろさを持った漫画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました