『機動戦士クロスボーン・ガンダム』全6巻―映画『F91』のその後、木星帝国との戦い

SF漫画『マップス』の作者・長谷川裕一さん描く、宇宙世紀ガンダム・シリーズの一つ『機動戦士クロスボーン・ガンダム』。

劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』の世界観を受け次ぐ、正統なガンダム・ストーリーです。

アニメ版ガンダム・シリーズおよび『F91』の監督である富野由悠季さんも、本作の制作に深く関わっています。もちろんサンライズ公認。


『機動戦士クロスボーン・ガンダム』感想・レビュー

あらすじ

宇宙世紀0123年。コスモ貴族主義を掲げる「クロスボーン・バンガード」が地球連邦軍に仕掛けた「コスモ・バビロニア建国戦争」が勃発。

スペース・コロニー「フロンティアⅣ」に住むシーブック・アノーセシリー・フェアチャイルド(ベラ・ロナ)は、その戦いに否応なく巻き込まれていく。

時は流れてUC0133年。人類が木星にも居住空間を広げる時代。地球からの交換留学生トビア・アロナクスの乗る船は、木星圏でドクロのマークを額と胸に抱く、ガンダム・タイプのMSに襲われる。

襲撃の最中、船に積まれた「木星帝国(ジュピター・エンパイア)」の兵器を見つけ、その目的が地球侵攻であることを知ったトビア。

「宇宙海賊クロスボーン・バンガード」と名乗り、ドクロのガンダム「クロスボーン・ガンダム」を駆る青年、キンケドゥ・ナウに問いかけられる。

全てを忘れるか、または我らと共に真実に立ち向かうか

そしてクロスボーン・バンガードと行動を共にすることを選んだトビア。船内にいた謎の少女・ベルナデットと共に、木星帝国との戦いに身を投じていく…。

映画『機動戦士ガンダムF91』の決着

かくして物語の幕を開けた『機動戦士クロスボーン・ガンダム』。『機動戦士ガンダムF91』と『機動戦士Vガンダム』(UC0153)の狭間における、宇宙海賊と木星帝国の戦いが描かれます。

アニメのガンダムは『F91』の後、時代が一気に飛んで『Vガンダム』へ。『F91』で主役だったシーブックとセシリーは以後、表舞台には登場しません。

ですがこの『クロスボーン・ガンダム』で新たな姿を披露。新主人公・トビアと共に、アムロとシャアのいないガンダム世界、『クロスボーン・サーガ』を形作っていきます。

時間的な制約もあり、「コスモ・バビロニア建国戦争」後の二人については、ややあいまいになった印象のある映画『機動戦士ガンダムF91』。

本作『機動戦士クロスボーン・ガンダム』は、その欲求不満を存分に解消する物語

木星帝国の地球侵攻を知り、出身母体からの支援を受けるためにあえて「ベラ・ロナ」を名乗るセシリー

彼女を守るために、自身も「キンケドゥ・ナウ」と名を変えるシーブック

それぞれ「仮の名」を名乗る二人は、戦いの果てに元の名を取り戻す=F91時代のセシリーとシーブックに戻ることができるのか?

物語の終わりに、『F91』の決着編とも言える展開が待っています。

敵は「木星帝国」

シーブックとベラに、かつてクロスボーン・バンガードのエースパイロットだったザビーネ・シャルも加わった、宇宙海賊「クロスボーン・バンガード」。

彼らが立ち向かうのは地球侵攻をもくろむクラックス・ドゥガチ率いる「木星帝国=ジュピター・エンパイア」

ドゥガチの異様な風貌や、彼を狂信する部下や兵、木星圏で独特な進化を遂げた奇抜なデザインのMS・MAと相まり、どことなく「悪の軍団」を想起させる新たな敵。

この「クロスボーン・バンガード VS 木星帝国」の戦いの図式が、「ガンダム」としては異質にして独特。主に「軍VS軍」の戦争が描かる宇宙世紀ガンダム・シリーズと較べて、「正義(ヒーロー)VS悪(の軍団)」的な構図をイメージさせます(※)。

地球へ強力な敵意と圧倒的な力を向ける、木星帝国のドゥガチ。トビアは、キンケドゥは、その目論見を果たして阻止できるのか?というのが物語の大きな見どころ。

その中でガンダムの主人公らしからぬ(笑)熱血さを見せるトビア+キンケドゥと、ヒーロー・メカ的な輝きを見せるクロスボーン・ガンダム

この「ヒーローもの」的な雰囲気が、他のガンダム作品にはない「熱」を生み出し、そこに引き込まれていきます。

※補足:厳密に言えば木星人には木星人なりの戦う理由があるのですが、敵の行動・見た目から、単純化するとそう見えるという話です。

「熱さ」あふれる新世代のガンダム

その物語の中核となるのは、偶然から「宇宙海賊クロスボーン・バンガード」の一員となり、見習いからやがてクロスボーン・ガンダムX3のパイロットとなる少年、トビア・アロナクス

キンケドゥに引っ張られながら、のちに「真の主人公」となっていく彼が、木星帝国との因果を背負ったヒロイン・ベルナデットの苦しみを、持ち前の真っ直ぐさで救っていくのですが、この「ガンダムっぽくない少年と少女の物語」が、実に新鮮!

真っ直ぐな瞳で未来を見据える彼らに感じる、既存のガンダム・シリーズには無い「まぶしさ」。それが長谷川裕一さんの熱血漢あふれる作風、そして「悪VS正義」的な構図と相まって、クロボン独特の魅力・爽快感を感じます。

そして「戦い」を描きながらも、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の根底にあるのは、トビアやシーブックらに代表される人間味あふれるキャラクターの生き様、そしてそこから生まれるドラマティックなストーリー。

独特の雰囲気に最初は戸惑うかもしれませんが、読むうちに熱い気持ちが胸の内に湧き上がってくるから不思議。

「ガンダム」でありながら、それ以前のどのガンダムとも似ていない、独特の世界観を築き上げた、長谷川裕一さんでなければ描けない「ガンダム」。アムロとシャア以後のガンダム世界を見事に作り上げたガンダム漫画です。

クロスボーン・サーガのさらなる展開

以上、長谷川裕一さんの『機動戦士クロスボーン・ガンダム』感想・レビューでした。

ちょっとクセはあるけれど、読み始めると止まらない!そんなクロスボーン・サーガの世界へぜひ、飛び込んでみてください。

なおトビアたちとクラックス・ドゥガチの戦いは、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』全6巻でひとまず完結。

ですがクロスボーン・ストーリーは、以後も新たな展開を見せていきます。

  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム(全6巻)
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム -スカルハート-(全1巻・短編集)
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(全3巻)
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(全12巻)
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(全13巻)

以上がクロスボーン・シリーズの流れ。この中でトビアが主役を務めるのは『鋼鉄の7人』まで。

その次の『クロスボーン・ガンダム ゴースト』ではザンスカール帝国時代に入り、新たな主人公・フォントが登場します。

この『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』が、ものすごく!面白い作品

超オススメ!なのですが、それも初代クロスボーン・ガンダムからの流れやキャラクター、新たな歴史が積み上げられて来たからこそのおもしろさ。

キンケドゥ、トビアらが歩んできたクロボン・サーガを受け継ぎ、新たな時代を作っていくフォント。

トビアは無印クロボン・鋼鉄の七人とは違った形で彼と関わっていくのですが、キンケドゥもゲスト出演したりして…?

この辺のやり取りはちょっとシビレルので、ぜひ本作『機動戦士クロスボーン・ガンダム』から追ってみてください。読んだものだけが感動を味わえる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました