マネするなよ!絶対にだぞ!―漫画「決してマネしないでください。」全3巻

漫画を読まない人にも「これおもしろいよ!」と勧めたくなる漫画があります。この「決してマネしないでください。」もそんな漫画の一つ。

作者は蛇蔵氏。「日本人の知らない日本語」の作者さん、と言えばああっ!と思う方もいるのでは。「決してマネしないでください。」は全3巻完結済み。理系+ラブコメの新感覚漫画です。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公・掛田くんは工科医大にて理論物理を専攻する学生。学食のおばさん(というかお姉さん)・飯島さんに恋をして一世一代の告白をするもあえなく撃沈。そもそも女子と話すスキルがなく、飯島さんに告白とも気付いてもらえなかった。

「大体のことは一度や二度や三度や四度、失敗する。勝負はそれからだ!」

ゼミ教授・高科先生や愉快な学生・有栖くんと留学生・テレスくんの協力のもと、理系的な前向きさで立ち直る。まずは彼女と仲良くなろう、と飯島さんを交えて実験を行うが…?

「決してマネしないでください。」感想

第1巻、各話のタイトルは以下の通り。

  • Q1.スタントマンはなぜ炎にまかれても平気なのか?
  • Q2.人類はなぜご飯を食べる前に手を洗うのか?
  • Q3.字も書けない青年はどうやって名医になったのか?
  • Q4.切れた蛍光灯を灯すにはどうすればいいのか?
  • Q5.科学者にとって最もホラーな出来事とは?
  • Q6.なぜ2月は28日しかないのか?

うん、もうタイトルだけでいろいろ気になりますね(笑)。

基本的には掛田くんから飯島さんへのアプローチ(になってるのかなってないのか)が、仲間の協力のもと実験のおもしろ実験の中で行われる、という構成。

私、ガチガチの文系で難しい話は苦手なんですが、理系実験の様子がわかりやすく描かれているので抵抗なく読めました。それでいてコメディ部分もテンポよく笑いがあり、掛田くんと飯島さんの距離感も絶妙。掛田くんの口説き文句がおもしろいんですよね。「僕と貴方の収束性と総和可能性をi(アイ)で解析しませんか?」とか。

各話ではテーマに沿った偉人の話も織り込まれるのですが、これも適度に毒があっておもしろい。うんちくって漫画に混ぜ込むとおもしろく無い時はつい飛ばしがちになっちゃうんですが、「決してマネしないでください。」は描写がウマイ。「漫画で読むおもしろ偉人伝」みたいな感じでこれ単体でも成立するんじゃないでしょうか。

特に印象的だったのは「Q3.字も書けない青年はどうやって名医になったのか?」で登場のジョン・ハンターの話。18世紀イギリスを生きた「近代外科の祖」ハンターは、兄の研究のために死体ドロボウをし、それがきっかけで解剖に目覚めた人物。なんやかんやしてドリトル先生のモデルとなり、なんやかんやで「ジキルとハイド」のモデルになったそうな。その「なんやかんや」がおもしろいので、詳しくは本書でどうぞ。

まとめ

そんな漫画「決してマネしないでください。」。タイトルは「決してマネしないで~」ですが、各巻末には実験「是非ともマネしてください。」を収録。ユーモアがあっていいですね。3巻にはひと味変わったトランプゲーム「素数大富豪」のルールも収録されています。

実験だけでなく、掛田くんと飯島さんの恋の結末も気になるところ。青年誌連載ですが、実験以外は過激な表現もないので(笑)老若男女に勧められるおもしろ理系漫画です。特に学生さんが読むと、理系への興味が湧くんじゃないでしょうか。え?逆に幻滅する?知らんw。

漫画データ
タイトル:決してマネしないでください。(1) (モーニングコミックス)著者:蛇蔵出版社:講談社発行日:2014-12-22
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする