「プリンセスメゾン」―「住まいと女性」を優しい筆致で描く全6巻

漫画「プリンセスメゾン」。決して高年収では無いけれど、マンション購入に静かな情熱を燃やす独身女性・沼ちゃん。彼女とマンションギャラリーの人々の交流を中心に、「住まいと女性」を優しい筆致で描き出す物語です。

作者は「繕い裁つ人」「雑草たちよ 大志を抱け」の池辺葵さん。2019年1月刊行のコミックスをもって、全6巻完結となりました。

スポンサーリンク

概要

漫画「プリンセスメゾン」で描かれる物語の、軸は大きく二つ。

一つは年収200万台の居酒屋店員・沼越幸(沼ちゃん)のマンション購入と、彼女と深い親交を持っていくマンションギャラリー社員たちの物語。

もう一つは、その合間合間にオムニバス的に描かれる、様々なシチュエーションの女性と住まいの物語。それぞれの家庭事情・住宅事情・ライフスタイルなどを背景に、住まいの群像劇が展開。

沼ちゃんたちのストーリーを基本線として、女性と住まいの在り方が紡ぎ出されていきます。

プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス)池辺葵:小学館

「プリンセスメゾン」レビュー

マンション購入物語

「プリンセスメゾン」、オムニバス的に挿入される女性たちの物語も素敵なのですが、本筋である沼ちゃんのマンション購入物語をクローズアップ。

居酒屋の社員として働く20代半ばの沼ちゃん。親類はいるが両親はすでに無く、東京の築五十年を超えるアパートで一人暮らし。

年収200万円代ながらマンション購入を夢ではなく、実現可能な目的として行動。理想の住まいを求めて、マンションギャラリーに足繁く通います。

池辺葵「プリンセスメゾン」1巻
[池辺葵 著 小学館「プリンセスメゾン」1巻より引用]

勤続8年を超える居酒屋「じんちゃん」で懸命に働き、無駄遣いは一切しない。そしてマンション購入に関しては一切の妥協をしない、鉄の意志を持つ彼女。その一途さがとても魅力的なキャラクター。

理想の住まいを手に入れて

様々なモデルルームを見たけど、踏ん切りが付かなかった沼ちゃん。しかし物語中盤、彼女はついに理想のマンションに出会います。

目を血走らせ、震える手で契約書に判を付く。マンションという高価な買い物をする彼女を、心配する周囲。しかし沼ちゃんの心境は、

「いつくるかわからない日を待つよりは、今のベストをつかみたいんです。」

池辺葵「プリンセスメゾン」3巻
[池辺葵 著 小学館「プリンセスメゾン」3巻より引用]

自分の身の丈に不相応な高望みをしてしまったのではないか。ついに手に入れた自分の居場所にワクワクしつつも、逡巡を見せる沼ちゃん。しかし今の幸せな気持ちを胸に頑張ろう、と前を向いて歩いていきます。

また新居だけではなく、これまで住んでいた古アパートにも向けられるその気持ち。ひとり上京し、8年間暮らした部屋。引き払う前に、「8年間、ありがとう」と語りかける。

マンションを手に入れてハッピー、それだけではない、一人の女性の生き方。強い意思と優しい心を併せ持つ彼女の姿勢が、心を打ちます。

マンションギャラリーとの交流

そのマンション購入物語の傍らで描かれるのは、沼ちゃんとマンションギャラリーに勤務する人々との交流。これがとても素晴らしい内容で、「プリンセスメゾン」の中で個人的に一番好きなところ。

特に心に残るのは、受付の女性契約社員・要さんとの友情。要さんが「じんちゃん」に訪れたことをきっかけに親交を深め、部屋でともに寝転ぶような関係に。

池辺葵「プリンセスメゾン」4巻
[池辺葵 著 小学館「プリンセスメゾン」4巻より引用]

社会人になってから友人を作るというのは、そうは多くないこと。それが店員とお客という関係なら尚更。それだけに、互いに相手を思いやり、友情を築いていく二人の姿が、とても印象的。素敵な気持ちになります。

そして何かと沼ちゃんのことを気にかける、マンションギャラリー社員・伊達さんのメガネの奥に隠された優しいまなざしにも、ほっこり。

注目の漫画表現

そんな「プリンセスメゾン」の世界を形作るのは、作者・池辺葵さんの巧みな漫画力。

セリフの全くない連続シーン、風景の中の人物の立ち位置、登場人物の背中など、文章が無いコマでキャラクターの心情を描き、読者に類推させるその手法がスゴイ。

池辺葵「プリンセスメゾン」6巻
[池辺葵 著 小学館「プリンセスメゾン」6巻より引用]

またあえて背景を描かずに、コマ内のキャラクターの位置、顔の向き、光の当たり具合などで、人物の胸の内を表現。この漫画ならでは、漫画でしか表現できない、「絵で語る心」。何度も読み返したくなる、そして新しく何かを発見する魅力があります。

まとめ

以上、池辺葵さんの「プリンセスメゾン」全6巻のレビューでした。

レビューの都合上、沼ちゃん周辺の出来事に内容を絞りましたが、オムニバス的に都度挿入される「女性と住まい」の物語にも中毛。社会での女性の立場やライフスタイルを示唆的に描き、そして心に残る素晴らしい話ばかり。もちろん男性にもオススメできる内容。池辺葵さん描く巧みな漫画の世界に浸ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました