狩猟漫画「クマ撃ちの女」―エゾヒグマを狙う女性ハンター描く「現代の冒険」

「日本最強生物」エゾヒグマを狙う女性ハンターを、彼女を追うライター視点でルポ風に描く漫画。その名も「クマ撃ちの女」。

ド直球でシンプルなタイトルに違わない、リアルさが魅力の狩猟漫画。これがバツグンに面白い!作者は安島薮太さん。新潮社のWebメディア「くらげバンチ」にて連載中です。以下、「クマ撃ちの女」あらすじ紹介&感想を。

「クマ撃ちの女」感想

あらすじ・概要

「クマ撃ちの女」は、「筆者」である駆け出しのフリーライター・伊藤カズキが、兼業猟師である女性ハンター・小坂チアキのクマ打ちに同行する、というルポ形式で物語が展開されます。

単独でエゾヒグマを狙う『女性』ハンター」というレアな存在を取材し書籍化することで、ライターとしての実績を作りたいカズキ。

山では必ず自分の言うことを聞く、獲物を運ぶのを手伝う、という条件で、同行取材を了承するチアキ。

コンビを組んだ二人は、死の危険と隣合わせな大自然へ。果たしてエゾヒグマに出会い、それを撃つことができるのか?といった猟の様子が、「なぜ、チアキはクマ撃ちになったのか?」を絡めて、リアル&シリアスに描かれます。

緊迫感あふれる野生動物との闘い

1巻冒頭、北海道の森林を一人探索するチアキ。キャンプでラーメンをすすり、森を闊歩。そして発見したエゾヒグマのフンに興奮する、「狩りバカ」な彼女

やがて念願のエゾヒグマに遭遇します。10メートルの至近距離。食事に夢中のエゾヒグマを、草葉の中から狙うチアキ。

「やっと…ヒグマを撃てる!」

クマに気づかれないように、銃に弾を込めようとする彼女。しかし脳裏に浮かぶ、「もし撃ち損じたら?」という逡巡と、その結果起こる確実な「死」を想像。

迷っているうちに、風向きが変わってクマに発見されそうに。とっさに音で気をそらし、クマのフンを体に塗りつけて、やり過ごすことに成功。

結局クマを撃つことは叶わず疲労困憊するも、日々の糧のために、帰途でシカに狙いを定める―。

ハンターである彼女と、野生動物との緊迫感あふれる「闘い」。物語の頭から展開される息を呑む瞬間の連続と、野生動物をハントする醍醐味、そして「恐怖」が描かれます。

エゾヒグマ猟という「冒険」

リアルさの積み重ねと「ルポ風」で進む物語形式で、ページをめくるにつれ、ヴァーチャル感が高まる狩猟漫画「クマ撃ちの女」。次第に読者自身がエゾヒグマ猟に同行しているような気分に。

そして1巻後半で語られる、「エゾヒグマを撃ちたい」というチアキの強い気持ち。

「私はヒグマを撃ちたくて撃ちたくてたまらないんです」

カズキが危険な目にあって死んだとしても、クマが撃ちたい。カズキを正面から真っ直ぐ見据え、「それでも同行取材続けますか?」と問いかける彼女。

ウケる記事を書くために、「女クマ撃ち」というレアな存在を取材するカズキ。よくある職業・趣味の一つであると高をくくっていたが、彼女の尋常ではない情熱に「とんでもない人に出会ってしまったかもしれない」と気づきます。

「コレは数少ない 現代における冒険のルポルタージュだ」

ひとりごちるカズキと同じく、「クマ撃ちの女」が死と隣り合わせの「現代の冒険」であると理解した時、きっとこの物語から離れられなくなっているでしょう。

クマ撃ちにこだわる理由とは…

しかしそもそも、チアキはなぜクマ撃ちにこだわるのか?その理由は、かつて共に猟をしていた彼女の姉に関連が。

連れ立って雪山にシカ狩りに来た姉妹。そこで二人はヒグマが絡んだ恐怖の体験を…。

2巻収録のこの話、実に恐ろしいのですが、その時の体験がチアキを猟に駆り立て…るのかと思いきや、さにあらず(違うんかい)。

それも一因ではあるのですが、チアキがヒグマ猟に異様な執着を見せる理由は「彼女の人間的な本質」に大きく関わりがあり、4巻・5巻と巻を重ねるに連れて徐々に判明していきます。

普段は「~ですぅ」とやや語尾を伸ばした喋り方が特徴の、ちょっと愉快なお姉さん(31)。しかしひとたび獲物に向き合えば、その眼差しは一気にハンターのそれになる、というユニークなキャラクター。彼女がクマ撃ちの向こうに見るものは、果たして…?

まとめ

以上、安島薮太さんの「クマ撃ちの女」の感想でした。ビックリする程のリアルさ、綿密な取材に基づく内容で、限りなくノンフィクションに近い感覚を味あわせてくれる迫真の狩猟漫画です。

3巻ではアクの強すぎる師匠・光本(こうもと)が登場。素人が決して知ることのない「猟の裏側」が垣間見えたり、5巻ではさらなる新展開もあり、巻を重ねるごとにグングン面白くなってきます。オススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました