ドラマ・恋愛漫画感想・レビュー

漫画『クマ撃ちの女』ネタバレなしレビュー:エゾヒグマを撃つ!女性ハンターのリアルな冒険

[ページ内に広告が表示されます]

「日本最強生物エゾヒグマ」を単独で狙う、北海道の女性ハンター。過酷な「冒険」の果てに彼女が見るものはー?

リアル過ぎる内容がバツグンに面白い!緊迫感あふれる狩猟漫画。ド直球でシンプルなタイトルの『クマ撃ちの女』レビューです。

クマ撃ちの女 6巻【電子特典付き】 (バンチコミックス)

作者は安島薮太さんで、新潮社のWebメディア「くらげバンチ」にて連載中。2024年5月現在、単行本1~13巻が刊行中。以下『クマ撃ちの女』が気になる方向けに、主なあらすじや見どころなどを基本ネタバレなしでご紹介します。

『クマ撃ちの女』あらすじ

物語の中心となるのは、北海道に住む兼業猟師・小坂チアキ。「~ですぅ」とやや語尾を伸ばした喋り方が特徴の、ちょっと愉快なお姉さん(31)。

一見、猟師っぽくは無いのですが、「私はヒグマを撃ちたくて撃ちたくて たまらないんです」と、クマ撃ちに対して尋常ではない情熱を周囲に放つ、生粋の「狩りバカ」。

クマ撃ちの女 1巻: バンチコミックス

そのチアキを同行取材する、フリーライター・伊藤カズキ。当初は彼女を「女性で・単独で・エゾヒグマ猟を行うウケそうな題材」と捉え、エゾヒグマ猟も「よくある職業・趣味の一つ」であると見なす彼。

しかし共に大自然を歩き、一歩間違えれば「確実な死」が待つ危険性と、彼女の「クマ撃ちに対する執着」を理解した時…。自分の取材が「現代における数少ない冒険のルポルタージュ」であることに気づいていく。

そんな二人を通して、大自然を舞台にしたエゾヒグマ猟の様子が、リアルな知識と綿密な取材をベースに描かれていきます。

新規会員は70%OFF+おまけクーポン
1万冊以上!ブックライブ無料コーナー

『クマ撃ちの女』レビュー

リアル過ぎる!狩猟知識がスゴイ

『クマ撃ちの女』の世界観を支えるのが、綿密な取材に基づいた狩猟知識・描写

  • ライフルの取り扱い・調整方法
  • 山の歩き方・獲物との距離感
  • エゾヒグマほか野生動物の生態
  • 獲物の解体・調理方法

など「猟に関する本格的な知識」が随所に織り込まれ、リアリティ・臨場感を高めています。

クマ撃ちの女 3巻: バンチコミックス

その中でも注目は、実在の猟銃専門店の監修も入ったライフル情報。銃の構え方・撃ち方や調整方法など、一般人では触れにくいネタをわかりやすく描写。「リアル過ぎる狩猟知識」が、物語に確かな説得力と面白みを与えています。

ちなみに劇中では、ハンターが遵守すべき「銃や狩猟に関する法律」がつぶさに描かれるのですが、同時に「ハンターが法律を破る様子」も描かれます。

なぜそのような法律があるのか?逆に(一部の)ハンターがそれを破る理由は?などがチアキの行動などに織り込まれ、それもまた物語の面白さの一つとなっています。

緊迫感あふれるヒグマ撃ち!

そんな狩猟知識を反映したチアキのハンティング風景が、興味深くも面白いもの。

  • 獲物を目視で撃てる状況以外は弾を装填せず
  • 銃を担ぐ時、上り・下りで銃口の向きを変える(マズルコントロール)

といった銃の取り扱いに関する細かい描写を交えながら、フンや食べ残しなどの痕跡をたどり、山の奥深くに分け入りクマに迫っていく…。リアルが生み出すバーチャル感に、思わずドキドキ。

クマ撃ちの女 2巻: バンチコミックス

しかし!相手はあくまでも時に予想を超える行動も取る「野生の肉食動物」。パワー・スピードとも人間のそれを圧倒的に上回るそれ、至近距離で出会えばまず助からない…!

先に発見すれば、ライフルを持っている人間が有利。だがいつも良いポジションを取れるとは限らない。持てる技術と知識を総動員し、何よりメンタルを保って相対しなければならない「最強の肉食獣」。

その相手に一人立ち向かっていくチアキが行うのは、まさに「現代の冒険」。危険と隣り合わせのエゾヒグマ猟から、ひりつくような緊迫感が伝わってきます。

金・土・日はPayPay還元率アップ!
電子書籍ストアebookjapan

チアキがクマ撃ちにこだわる理由とは…?

そんな『クマ撃ちの女』、狩猟漫画としてシンプルに面白いのですが、そもそも気になるのは「チアキはなぜクマ撃ちにこだわるのか?」。

それを紐解くのが2~3巻で描かれる、雪山でのシカ狩り。若かりし頃のチアキと姉は、そこでヒグマが絡んだ恐怖の体験を…。

これがなかなかガクブルの内容なのですが、それが原因で彼女はエゾヒグマに対し、異様な執着を見せていくように

クマ撃ちの女 9巻【電子特典付き】 (バンチコミックス)

が、そこで見せる執着はあくまでも表面的なもの。物語が進むにつれ明らかになる「チアキがヒグマを撃つ真の理由」

詳しくはネタバレになるので割愛しますが、そこから垣間見える彼女のユニークな人間性が、実に面白い!

さらに7~8巻ではいよいよ、「『熊』というワードからは避けられない恐ろしい展開」も…!

自身の尊厳を賭け大自然に挑んでいく彼女は、過酷なクマ撃ちの向こうに何を見るのか…?

レビューまとめ

以上、安島薮太さんの『クマ撃ちの女』のネタバレなしレビューでした。

リアルなハンティング描写と丁寧な物語運びで、限りなくノンフィクションに近い感覚を味あわせてくれる、迫真の狩猟漫画。

「日本最強生物エゾヒグマとの闘い」、巻を重ね高まっていくその緊張感に震える!

クマ撃ちの女 1巻: バンチコミックス

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。