「リクエストをよろしく」―売れない芸人はラジオ業界で花開く?

テレビに出るだけが芸人の仕事じゃない!売れない芸人はラジオの世界で一旗揚げることができるか?

河内遙さんの漫画「リクエストをよろしく」では、そんな芸人やラジオに携わる若者たちを中心に、ラジオ業界のお仕事が描かれます。

連載は祥伝社フィール・ヤング誌で、単行本は現在3巻まで刊行、以下続刊です。ラジオなんて学生の頃以来、聴いてないなぁ…なんて方にこそ読んで欲しい、ギョーカイお仕事漫画です。

スポンサーリンク

「リクエストをよろしく」レビュー

主なあらすじなど

お笑いコンビ「コールタール」を解散し、現在はピン芸人として活動する芸人・朝日屋颯太(あさひや・そうた)。ネタは決しておもしろく無いけれど、底抜けの明るさとポジティブさが売り

お笑いの仕事よりもバイトの方が多い颯太のもとへ、元相方・水無月があらわれる。放送作家としての道を選んだ水無月が颯太に引き合わせたのは、超絶美人な雪室ハジメ

二人のファンだったという雪室は、颯太に尋ねる。「ラジオってご興味ありませんか?」


[河内遙 著 祥伝社「リクエストをよろしく」1巻より引用]

…という「リクエストをよろしく」のスタート。以降、颯太・水無月・雪室を軸に、ラジオ業界のお仕事ぶりが描かれます。

売れない芸人がラジオで活躍?

そんな形でラジオに関わることになった颯太。しかしおもしろくない芸人がいきなりメインパーソナリティーになれるはずもなく。まず颯太に割り当てられたのは、中継レポーターの代役


[河内遙 著 祥伝社「リクエストをよろしく」1巻より引用]

ラジオを聞く人ならおなじみだと思うのですが、局の外に出たレポーターが人々に街頭インタビューをし、DJと掛け合いをしたりするアレ。

ラジオのことなど右も左もわからぬ颯太。最初は戸惑うも、水無月に発破をかけられて意外な才能を発揮…?

丁寧に描かれるラジオ業界

もちろん、最初からそんなに上手くは行かないもの。しかしそこは漫画の世界、颯太はトントン拍子にラジオの世界で活躍…「しない」のがこの「リクエストをよろしく」のおもしろいところ。

颯太に独特な魅力があるのは様々な形で認められていくのですが、そこには紆余曲折が。その描かれ方が実に堅実。地を発揮する颯太と対象的に、ステップを踏みながら彼の活躍をアシストする水無月と雪室。

その描写に「なるほど~」となると同時に、実際のラジオ番組が形作られていく様、ラジオ制作の裏側が丁寧に描かれます。

意外に恋愛要素が少ないが…

河内遙さんと言えば「関根くんの恋」「夏雪ランデブー」のような代表作や、本ブログでもご紹介している「涙雨とセレナーデ」のように、ラブロマンスに定評のある漫画家さん。

ですが「リクエストをよろしく」では恋愛要素が意外に少ない!男二人に女一人というメインキャラの構成にも関わらず、今のところ浮いた話は描かれていません。

3巻で大きくフィーチャーされるアイドル・星野チーコの話には少し恋愛も絡みますが、それもメインではない(のちのちの伏線ではあるのですが)。

フィール・ヤングという女性をメインにしたコミック誌に掲載されているにも関わらず、この大胆な話の構成。が、そこもまた趣深い。ラジオ好きという河内遙さんの、ラジオに対する静かな想いが伝わってきます。

ちなみにこの星野チーコはアイドル枠の冠番組を持っていたりするのですが、あー、あるある!そういう番組。ラジオ風味が出ていて良いですね。

颯太はラジオの世界で輝けるか?

そして物語は3巻に至ってゆるやかに、三人を中心とした形が固められてきた感じ。

ピン芸人としてなかなか芽が出ないけど、明るく前向きな人柄が人を惹きつける颯太。

放送作家として颯太を操作し、その魅力を何とか引き出したいと考える元相方の水無月。

ディレクターとして冷静に構えながらも、コールタールの元ファンとして二人に可能性を感じる雪室。


[河内遙 著 祥伝社「リクエストをよろしく」2巻より引用]

そんな三人が中心となって、どのようなラジオを創り上げていくのか。そしてその中心にいる颯太。芸人として、ラジオの星として、チャンスの神様の前髪をつかめるのか。乞うご期待。

まとめ

以上、河内遙さんの漫画「リクエストをよろしく」のレビューでした。明るい芸人・颯太、クールな放送作家・水無月、美麗な仕事人・雪室と、その個性が固まってきたキャラクターたちが徐々に物語を動かしていく様。静かなワクワクを感じます。

そして読むとラジオを聴きたくなると同時に、その裏側にちょっと思いを馳せてみたくなるようなお仕事漫画。漫画を読んだあとにラジオ聴いてみると、声の向こう・電波の向こうにちょっと奥行きが出てくるような、そんな不思議な気持ちになります。

リクエストをよろしく (1) (FEEL COMICS swing)著者:河内遙出版社:祥伝社発行日:2015-10-13

コメント