「山を渡る -三多摩大岳部録-」―笑いと躍動感あふれる大学登山部活動記

この記事は約3分で読めます。

廃部寸前の大学登山部に入部したのは、ド素人の一年女子3人?そんな登山部の活動をリアル&コミカルに描くのが、空木哲生さんの「山を渡る -三多摩大岳部録-」。

連載はKADOKAWAの漫画誌ハルタで、単行本は記事作成現在2巻まで刊行中です。

「山を渡る -三多摩大岳部録-」レビュー

概要

新入生を迎え、新歓オリエンテーション真っ盛りの三多摩大学。しかし3年男子が二人、2年女子が一人の山岳部は、廃部寸前。このままでは登山に必要な道具の数々(※高い)が使えなくなる恐れが。

その登山部に興味を持ったのは、一年生の理系女子と、同じく一年の運動未経験女子の二人。入部にやや消極的な彼女たちを逃すまじと、先輩三人は必死の勧誘。手頃な高尾山への体験登山へ漕ぎ着ける。

さらに山岳文学好きな一年女子を加え、先輩+新入生の計6人はいざ、高尾山へ。先行き不安だが、果たして新入生を迎えて三多摩大学山岳部は存続できるのか?

…というストーリー。以降、山岳部のマジメな活動が、笑いをまじえて描き出されます。

山を渡る -三多摩大岳部録- 1 (HARTA COMIX)空木 哲生:KADOKAWA

登山初心者の感動と成長

「山を渡る -三多摩大岳部録-」の軸は、大きく二つ。その一つは、初心者の新入生女子三人が、先輩たちに導かれ、徐々に登山に触れていく様子。

運動未経験、論理的な理系、文学女子と、それぞれ山登りとは無縁な彼女たち。標高599メートルの高尾山への(ハイキング的な)登山を達成し、登山部員(仮)として「三種の神器」を手に入れるというミッションへ。

三種の神器とはつまり雨具とか靴とか、登山に最低限必要とされるグッズなのですが、これを彼女たちが手に入れていく過程がおもしろい。貧乏大学生ゆえ、お金を出して…とはならず。登山部OBたちが残したお古を修繕することに。

年季の入った道具たちに手を入れ、身につけて少しずつ馴らし、自分のものとしていく。彼女たちが小さな感動を積み重ね、ちょっとずつ登山、の前の入り口に立ちつつある姿が、初々しくてステキ。

先輩たちの迫力あるクライミング

「山を渡る -三多摩大岳部録-」のもう一つの軸は、三年生男子の金田と草場+二年生女子の黒木ら先輩三人による、本格的な登山シーン。

雪山登山・ロッククライミングなど、専門の装備に身を包んで難所を乗り越えていく彼らの姿には、登山を知らなくてもグッとひきつけられるものが。

その中でも特に注目は、紅一点の「女ゴリラ」黒木のクライミング。人が避ける難関に敢えて挑む「冒険的登山」を標榜する彼女が、おのれの身一つで全身の筋肉を使って少しずつ高みへと登っていく。

静止しているはずのコマの中で、「重力」を感じるその描写は圧巻。これはアングルやテンポなど作者・空木哲生さんの絶妙な描き方に拠るものですが、思わず手に汗握ってしまうような、独特のテンションが素晴らしい。本作の大きな魅力です。

「山を渡る」とは―?

そして先輩と後輩、二つの軸がゆるやかに重なろうとする2巻。先輩たちに導かれ、装備の準備から基礎体力づくりを経て、本格的な山登りの道へ進まんとする後輩たち。登山と部活動の魅力が、丁寧に綴られていきます。

先輩と後輩の距離が近くなり、活動が充実してくる。そんな部活動の楽しさ・おもしろさが、コマ・ページからひしひしと伝わってくる心地よさ。私は登山経験はありませんが、彼女たちと一緒に山岳部をエンジョイしているような、そんな気持ちに。

ところでこの漫画のタイトルは「山を渡る」。なぜ「山を登る」ではなくて「山を渡る」なのか?その理由が2巻、山岳部の活動の中で明らかになってくるのですが、なるほど、いいセンスだなと感心。ぜひ劇中でその理由に触れてみてください。

まとめ

以上、空木哲生さんの漫画「山を渡る -三多摩大岳部録-」のレビューでした。マジメな山岳活動にスポットを当てて書きましたが、中身はとてもユーモラス。笑いも詰まっているおもしろい漫画です。

また本文中にいくつか、実際の山の風景写真が掲載されているのですが、それらは全て空木哲生さんによるもの。おそらく日々の登山や取材内容が反映されているであろう、劇中で描かれる景色の数々も見どころ。登山未経験の人でもきっと楽しめるのでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました