奴隷少女が「魔女」と呼ばれるまで―漫画『天幕のジャードゥーガル』

「これは広大な大陸を翻弄した一人の魔女の話―」

13世紀のモンゴルで後宮に仕えた少女は、いかにして「魔女」と呼ばれるようになったのか?

トマトスープさんの『天幕のジャードゥーガル』。実在の人物ファーティマ・ハトゥンの数奇な生涯を軸に、「女性たちから見たモンゴル帝国」を描く歴史ロマン漫画です。

連載は秋田書店のWeb漫画メディア「Souffle(スーフル)」で、2022年8月現在ボニータコミックスより単行本1巻が刊行中。

『天幕のジャードゥーガル』感想・レビュー

あらすじ

西暦1213年。イラン東部の都市トゥースで、さる裕福な家庭に引き取られた奴隷の少女・シタラ

そこで出会った学者を志す少年・ムハンマドから刺激を受け、自身も「知」を求めるように。

主人の計らいで、高度な学問に触れながら成長していくシタラは、充実した日々を送る。

だがトゥースに侵攻したモンゴル軍によって平穏な日々は打ち砕かれ、明日をも知れぬ捕虜の身に

そこで持てる知識を活かし、チンギス・カン(※本文表記より)の息子たち、そして後宮の女性と関わるように。

「ファーティマ」と名乗り、その道を切り開いていくー

最大500円OFF×6回使える『初回ログイン限定半額クーポン』配布中【ebookjapan

興味深いイスラム文化の描写

ダンピアのおいしい冒険』の作者・トマトスープさんが新たに描く『天幕のジャードゥーガル』。異国モンゴルで、過酷にして不思議な運命をたどる女性の物語です。

その第一話で、奴隷の身分ながら学問に触れていく、主人公の少女・シタラ

「知を求めることがつとめ」というイスラム教徒の姿勢や、関連して「奴隷に教養を身に着けさせる(こともある)」というやや特殊な奴隷の概念など、描かれる文化の様子がとても印象的

そして屋敷のお坊ちゃんにして秀才な少年・ムハンマドと出会い、「学ぶこと」の意味・大切さを知っていくシタラ。

彼女がその聡明さを開花させていく過程が、当時のイスラムならではの文化事情と相まって、興味深く描かれていきます。

一転、異文化の中で生き抜く少女

しかし2話で物語は一変、心地よい雰囲気を壊す衝撃的な出来事が!

チンギス・カンの息子たちが率いるモンゴル軍勢が、トゥースに侵攻!街は壊滅し、シタラも捕虜に…。

…と、ここからが『天幕のジャードゥーガル』の本格的な開幕

日常を失い絶望の淵に落とされながらも、恩義ある主人が大事にしていた「本」を取り戻すため、再び立ち上がるシタラ。

モンゴルという異文化・異宗教の中にある知識・科学を吸収、イスラム文化で培ったものも活かし、己の知性を磨いていくことに。

この過程がとても面白い!彼女の見せる「決意の表情」に引き込まれていきます

新規会員は50%OFF確定!毎日お得な日替クーポン【ブックライブ・クーポンガチャ

ヘビーなストーリーと歴史ロマン

そして己の唯一の武器である「知性」をたよりに、チンギス・カンの一族、さらに後宮と関わっていくシタラは、「ファーティマ」と名乗るように。

物語冒頭のモノローグによると、やがて「広大な大陸を翻弄する魔女」となっていくであろうシタラ=ファーティマ。

果たして彼女は、どのような道をたどってそこに行き着くのか?異国の地でひとり、「知」の力を武器に生き抜くその生き様に、大きな興味を掻き立てられていきます。

可愛らしい絵柄と相反するような、ヘビーな歴史ロマン。今後描かれていくであろう、モンゴル後宮の権謀術数にも期待が高まる…!

まとめ:センスあふれるエキゾチックな描写にも注目!

以上、トマトスープさんの漫画『天幕のジャードゥーガル』の感想・レビューでした。

親しみやすい絵柄ながら、非常にヘビーなストーリー。そして丁寧な物語運びから浮かび上がってくる歴史ロマンが、とても魅力的な作品です。

また劇中の雰囲気を形作る、デザインセンスあふれる描写がとても素晴らしい!

シンプルで力強い線と、程よく緻密に書き込まれた風景が、読者をエキゾチックな空気に誘います。そんな作者ならではのマンガ表現にも注目

トマトスープさんの既刊はこちら
Kindle / ブックライブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました