「チンプイ」全4巻―宇宙人のお妃に選ばれた女の子の不思議な日常

藤子・F・不二雄先生の漫画がぞくぞく電子化されていますが、この「チンプイ」もその一つ。

小学館より全4巻が刊行。元気な小学生・エリと、マール星からやってきた不思議な生き物・チンプイ。エリをマール星のお妃にするためにやってきたチンプイたちが愉快な出来事を巻き起こす、F先生らしいSFコメディ漫画です。

スポンサーリンク

概要

漫画「チンプイ」は「藤子不二雄ランド」(「藤子不二雄」がコンビ解消する前に刊行されていたと思う)という単行本シリーズに、1985年から1991年まで連載されていた作品。作者は藤子・F・不二雄先生です。アニメ化もされました。

普通の十二歳の女の子・春日エリのもとへ、ある日チンプイワンダユウという、二人のマール星人がやってくるところから物語スタート。エリがマール星レピトルボルグ王家第一王子ルルロフ殿下のお妃に選ばれた!というチンプイたち。彼女を35光年離れたマール星へ連れ出そうとします。


[藤子・F・不二雄 著 小学館「チンプイ」1巻より引用]

同級生の内木くんが好きなエリは断固抵抗。「妃殿下の心の準備ができるまで待つ」というワンダユウは、チンプイを残して帰星。以降、不思議な「科法」を使うチンプイとエリの生活が始まる…というストーリー。

各話は一話完結形式。内木くんも混じえ、エリをお妃にしたいワンダユウが持ち込むトラブルや、科法を使ったエリとチンプイの冒険などが、ユーモラスに描かれます。

「チンプイ」レビュー

おなじみの藤子メソッド

ある日、普通の少年少女の所に不思議な存在があらわれて物語が展開される、というのは藤子不二雄(F先生・A先生とも)作品おなじみのパターン(勝手に「藤子メソッド」と呼んでます)。


[藤子・F・不二雄 著 小学館「チンプイ」1巻より引用]

そんな藤子作品、例えばドラえもんならば、のび太の困り事+ひみつ道具が話の軸になるパターンが多いイメージ。「チンプイ」でもチンプイの使う科法や道具が作中で活躍し、それを使った冒険が繰り広げられます。

エリとチンプイたちの関係がユニーク

しかし「チンプイ」がユニークなのは、エリとチンプイ・ワンダユウたちが想いを共有していないところ。

エリをルルロフ殿下の妃にしたいワンダユウ、それに必死で抵抗するエリ、マール星人だがエリとは友人関係にあるチンプイ。三者三様の立場がドタバタ劇を巻き起こします


[藤子・F・不二雄 著 小学館「チンプイ」1巻より引用]

エリは基本、マール星からの贈り物などは断るのですが、場合によってはそれらやチンプイの能力を都合よく利用したり。話にいろいろなパターンがあり、読んでいて飽きません。

大人が読んでもおもしろい

さて、私も「ドラえもん」など藤子漫画を読んで大きくなった人間。ですが実は漫画の「チンプイ」は初めて。子供向けの作品だから大人が読んでもあんまりかな、と心配していましたが…

めちゃくちゃおもしろかった☆

各話に必ず数回は笑うポイントがあり、そしてちゃんとオチがついているのが素晴らしい。マール星人たちとエリとの思惑のズレ、エリとチンプイのコミカルな行動、そしてキレイにまとまったラスト。

おそらく本作は藤子・F・不二雄先生の最後の連載作品だと思うのですが、洗練された話の流れが匠のワザを感じさせます


[藤子・F・不二雄 著 小学館「チンプイ」2巻より引用]

多くの回では「パンパカパーン!」と、エリがワンダユウの紙吹雪でひっくりかえるのですが、お約束とも言えるその姿、毎回楽しみにせずにはいられない(笑)。

「チンプイ」のラストは?

この「チンプイ」。実は未完です。Wikipedia「チンプイ」ページによると、連載終了後に書き下ろしの2話が描かれる予定だったそうですが、残念ながらF先生が亡くなられたため、それはかなわず。

気になるのは「果たしてエリさまは、マール星に行ってルルロフ殿下と結婚したのか?」ですよね。

これは今となっては想像にしか過ぎませんが、おそらく、というかほぼ高確率でエリはマール星に行ったと推察されます。作中で「エリの未来」に関わる描写が多数登場しているためです。

もちろん断定はできませんが、あれやこれやを想像しながら読むのもまた「チンプイ」の楽しさ、です。

まとめ

以上、藤子・F・不二雄先生の漫画「チンプイ」全4巻のレビューでした。エリさまの元気さとチンプイのかわいさは、飽きない魅力がありますね。

現在発行されている各巻はいずれも200ページを超えるボリュームで、読み応えあり。本当におもしろい作品なので、大人も子どもも楽しめることうけあい。オススメの藤子・F・不二雄漫画です。

漫画データ
チンプイ(1)著者:藤子・F・不二雄出版社:小学館発行日:2017-11-28

コメント