俺が堂嶋だ!麻雀漫画「凍牌」スピンオフ「牌王伝説ライオン」&「牌王血戦ライオン」

過酷にして凄惨な裏社会の闇麻雀を描く漫画「凍牌」シリーズ。そのサブキャラクター・堂嶋は、豪放磊落な雀風から「ライオン」の異名を取り、主人公「氷のK」をもしのぐ強烈な個性を放つ男。

麻雀漫画「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」は、本編に収まりきらないその活躍を存分に堪能できる、「凍牌」のスピンオフ作品です。

作者は本編と同じく志名坂高次さんで、「牌王伝説 ライオン」全4巻・「牌王血戦 ライオン」全5巻で完結済み。なお本編「凍牌」シリーズは秋田書店からの刊行ですが、「ライオン」シリーズは麻雀漫画に定評のある竹書房からの刊行となっています。

「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」感想

概要

「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」は一匹狼の雀士・堂嶋を主人公とした、麻雀漫画「凍牌」のスピンオフ。「凍牌(とうはい)-裏レート麻雀闘牌録-」1巻でKと出会う堂嶋ですが、それ以前の麻雀バトルが描かれます。

実は「堂嶋」は本名ではなく、若い頃の彼と因縁を持つ雀士の名。その雀士が姿を消して以来「堂嶋」を名乗るようになった堂嶋が、オリジナルの堂嶋と再び勝負をするまでの物語(ややこしい)。

なお「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」と2つのタイトルがありますが、第一部・第二部的な内容で2つ合せて一つのストーリー。また「凍牌」からのキャラクターはほとんど出てこないので、「凍牌」を未読でも楽しめると思います。

破天荒過ぎる雀士・堂嶋

長身・金髪・チャラいスーツ、そして不敵な笑みが特徴的な雀士・堂嶋。その目的は、若き彼の右足の指全部を奪った男「堂嶋」と再び戦うこと。そのために堂嶋を名乗り、彼の情報を求めて高レートの麻雀にひたすら臨んでいきます。

そんな彼の最大の特徴は、その雀風。常に大物手を目指し、自分の気持ちに反するアガリは絶対にしない。場の「波」を捕らえ、普通の人間には成し得ない豪快な手を上がる。全てを喰らい尽くす「ライオン」の異名の所以です。

「凍牌」本編の主人公「氷のK」とは対極的なキャラクターとして登場した堂嶋ですが、「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」ではKがいない分、その破天荒ぶりが突出。迫力ある麻雀を見せてくれます。

と同時に本作では、シリアスな「凍牌」では見られない堂嶋のマヌケっぷりも頻出。「牌王伝説」第一話でフリーの雀荘に入った堂嶋が、オーラスで内ポケットの財布を確認したところ入っていたのは「TVのリモコン」、という大ボケに爆笑。コミカルな一面が随所で描かれます。

恐怖の麻雀バトル(ネタ色の強め)

闇社会の裏麻雀を描く「凍牌」では、指の一本や二本を失う麻雀は当たり前。「ライオン」でも同じく過酷な麻雀バトルが描かれますが、その内容は本編に比べていささかネタ色強め。 が、それがまた面白い!

序盤こそシリアスな麻雀勝負をする堂嶋ですが、なんだかんだあって結構な額の借金を背負うことに(笑)。そしてより高レートな麻雀を求め、その闘いは徐々にエスカレート

  • 優勝賞金3億の100時間耐久麻雀
  • 負けたら離島で飼育される運命となる「人間島」麻雀
  • 1000点失うごとに×10秒、サメのいる水槽に潜る「ビッグ・マウス」麻雀

など、「凍牌」本編では決して描けない、個性的(笑)な麻雀勝負が描かれていきます。バカバカしい!バカバカしいんだけど、それを大真面目にやるのが「ライオン」の面白さ。命をかけた麻雀勝負に挑む堂嶋の姿から、目が離せません

堂嶋は”堂嶋”を超えられるか?

そんな過酷な闘いを繰り返す堂嶋は、「牌王血戦 ライオン」でついに本家”堂嶋”に繋がる「サイバーロック社」へたどり着くことに。”堂嶋”を超えるためにさらに麻雀勝負を積み重ねますが、しかしその身体に「ある異変」が?

リミットを課せられた体で、文字通り命を賭けたギャンブル勝負に臨む堂嶋。目的を果たすのが先か?それとも命を失うのが先か?「牌王血戦 ライオン」で展開される麻雀勝負に手に汗握ること必至、です。

なお「ライオン」は前述の通り、「凍牌」シリーズを未読でも楽しめます。ですが「凍牌」の後期シリーズは「ライオン」からのキャラクターが多数登場するので、「ライオン」を読んでいないとわかりにくいところも。

「凍牌」シリーズを読む順番としては、

  • 凍牌-裏レート麻雀闘牌録-
  • 凍牌~人柱篇~
  • 牌王伝説 ライオン
  • 牌王血戦 ライオン
  • 凍牌~ミナゴロシ篇~

の順で読むと良いでしょう。

まとめ

以上、志名坂高次さんの「牌王伝説 ライオン」「牌王血戦 ライオン」感想でした。スピンオフ作品ですが、単体でも楽しめる麻雀漫画。ネタ要素強めながら、緊迫感のあるシリアス展開に引き込まれます。

そしてこの作品の最大の魅力は、「堂嶋」という強烈なキャラクターそのもの。剛毅あふれる姿や豪快過ぎるその雀風を見ているだけで、不思議な熱さが胸の内に湧き上がってきます。「凍牌」シリーズと合わせて楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました