暑さに負けるな!夏に読みたいおすすめの漫画

この記事は約7分で読めます。

今年も暑いっすね…。湿気も温度も日に日に高まってきてたまらんもんがあります。

しかしそんな暑さも漫画で吹き飛ばすのがマンガ好き!(ホンマか)

というわけで夏に読みたい、夏だからこそ読みたい、オススメの漫画をご紹介。

なお前半は「夏らしい漫画」、後半は「ひんやりする漫画」の二本立てでお送りします。

夏らしい漫画

りとうのうみ

りとうのうみ (ワニマガジンコミックススペシャル)たかみち:ワニマガジン社

まずは表紙からして「夏!」を感じさせてくれる、たかみちさんの「りとうのうみ」。

沖縄の離島の海を舞台に、そこで暮らす少女たちをいきいきと描いた、フルカラー漫画です。

イラスト重視で夏を楽しみたい、という方へ。

子供はわかってあげない

子供はわかってあげない(上) (モーニングコミックス)田島列島:講談社

書道部の門司くんと水泳部の朔田さん。二人のひと夏の冒険を描いた、田島列島さんの「子供はわかってあげない」。

ノリのいいボケとツッコミにのせて、軽妙に描かれるボーイ・ミーツ・ガール

ちょっと暑いけど、読み終わった後に爽やかな風が吹く、そんな漫画です。

Silent Blue

Silent Blue (FEEL COMICS)安堂維子里:祥伝社

夏と言えば水、水と言えば安堂維子里さん!

というわけで(?)水がテーマの漫画と言えばピカイチ、安堂異子理さんの漫画「Silent Blue」全1巻完結。

隕石が落下した湖にダイビングする女性主人公を描いた、瑞々しいSF漫画です。

のび太の海底鬼岩城

大長編ドラえもん4 のび太の海底鬼岩城 (てんとう虫コミックス)藤子・F・不二雄:小学館

大長編ドラえもんで夏らしい、と言えば「のび太の海底鬼岩城」。

全編のほぼ全てを水中で過ごすという、みずみずしさ(笑)。

もちろん冒険の楽しさは折り紙付き。大長編ドラえもんの中でも1・2を争うおもしろさです。

三つ目がとおる

三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集(1)手塚治虫:講談社

冒険つながりで、手塚治虫先生の「三つ目がとおる」。

数々の冒険の中には「三つ目族の謎編」「イースター島航海編」など、湖や海を舞台にしたものがあり、夏らしさを満喫できるのでは(く、苦しい…)。

なお高校生になった写楽と和登サンを描く続編、「三つ目黙示録~悪魔王子シャラク~」もあり。

人魚王子

人魚王子 (ウィングス・コミックス)尾崎かおり:新書館

尾崎かおりさんの全1巻完結漫画「人魚王子」。

「アメツキガハラ(前後編)」「ゆきの日」「人魚王子(全3話)」を収録。

「人魚」という存在をを交えて、思春期の少年少女の触れ合いを描く表題作は、夏の青春があふれる良作漫画です。

夏の魔術

夏の魔術(下) (シリウスコミックス)田中芳樹,ふくやまけいこ:講談社

田中芳樹さんの原作小説を、ふくやまけいこさんがコミカライズした、「夏の魔術」上下巻。

幻想世界に紛れ込んでしまった青年と少女。二人のひと夏の冒険を、ファンタジックに描きます。

地上の記憶

地上の記憶 (アクションコミックス)白山宣之:双葉社

白山宣之さんの遺作短編集「地上の記憶」。

バラエティ豊かな全5編を収録していますが、その中の「陽子のいる風景」「ちひろ」がオススメ。

前者は社会人の女性、後者は中学生の少女を主体に、それぞれの生活のワンシーンを写実的に描いた漫画。

いずれの漫画も季節は夏ですが、その描かれ方が異なって趣があります。

ひんやりする漫画

伊藤潤二自選傑作集

伊藤潤二自選傑作集 (朝日コミックス)伊藤潤二:朝日新聞出版

その作品のアニメ化も決定した、伊藤潤二さんによる自選傑作集・全1巻。

名作「首吊り気球」ほか、やみつきになる作品が満載です。

個人的に好きなのは、SFテイストも含んだ「長い夢」。

有名な「富江」シリーズからも「画家」を収録。夏の伊藤潤二デビューにピッタリな漫画です。

わたしの人形は良い人形

わたしの人形は良い人形 (山岸凉子スペシャルセレクション)山岸 凉子:潮出版社

山岸凉子さんの短編漫画より、「わたしの人形は良い人形」。

日本人形にまつわる恐怖を描いた、古典的とも言える怪奇漫画。

しかし今読み返してみると、その古さが逆に新鮮で。怖い。

これを読むと、人形のある部屋で寝るのが怖くなるかも…。

七夕の国

七夕の国(1) (ビッグコミックス)岩明均:小学館

岩明均さんの「七夕の国」。

歴史ロマンを織り込みながら、超能力を発端とした事件とその顛末を描いた、SFモダンホラーです。

ドキドキ・ハラハラしながら、読後は遠い宇宙へ想いを馳せずにはいられない。夏に読みたいホラー作品。全4巻完結。

6番目の殺人

6番目の殺人 (ヤングアニマルコミックス)川本貴裕:白泉社

川本貴裕さんの全1巻完結漫画「6番目の殺人」。

とあるアパートに越してきた、幼馴染みの女性二人組。彼女たちが体験する、身も凍るような恐怖が描かれます。

サスペンスでもあり、オカルトホラーでもあり。良い感じに1巻でまとまっている、これぞ夏向きの漫画。

おとろし

おとろし (チャンピオンREDコミックス)カラスヤサトシ:秋田書店

カラスヤサトシさん描くホラー・オムニバス「おとろし」。

収録された計24編は、いずれも6ページと短め。ですが、描かれる物語はいずれも粒ぞろいの怖さ・不気味さ

昔話風な時代物から現代を舞台とした話まで、バラエティ豊かな恐怖を楽しめます。

雪女幻想 みちゆき篇

雪女幻想 みちゆき篇 (FEEL COMICS)安堂維子里:祥伝社

ひんやり編で再登場。安堂異子理さんの全1巻完結漫画「雪女幻想 みちゆき篇」。

タイトル通り、雪女のはかなくも悲しい恋模様が連作で描かれます。

ホラーではなく、物語のひんやり加減さにより選出させていただきました。

夏は涼しく、冬は凍える一作。

さんかく窓の外側は夜

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)ヤマシタトモコ:リブレ

ヤマシタトモコさんの「さんかく窓の外側は夜」。

「視える」人たちが遭遇する恐怖を描いた、ホラー・オカルト漫画。呪い・心霊と言ったワードが好きな方に。

本記事で紹介した漫画の中でもバツグンの怖さですが、若干BL要素がありますので、苦手な方はご注意を。

でも苦手な人にも読んで欲しいおもしろさがあります。

猫で語る怪異

猫で語る怪異(1) (HONKOWAコミックス)TONO:朝日新聞出版

TONOさんの漫画「猫で語る怪異」。

「実話恐怖体験エッセイコミック」の体ですが、怖い人が少しでも読めるようにと、登場人物をネコに置き換えたそうです。

…っていうか、それ差し引いても怖すぎ!な体験漫画ばかりw。

ひんやりすること請け合いの漫画です。

まとめ

以上、夏に読みたいおすすめの漫画を、夏部門とひんやり部門にわけてご紹介してみました。暑い夏を漫画の楽しさで乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました