「マリーマリーマリー」全6巻―鍼灸師&ギタリストのハッピー・マリッジ・コメディ

この記事は約3分で読めます。

こんなハッピーでファンタジックな結婚生活に憧れるぅ!

鍼灸師のリタとギタリストの森田さん、そして愛車のミニが繰り広げる、お気楽ケッコン・コメディ「マリーマリーマリー」。

流れるままに、日々の出来事と気ままな結婚生活を楽しむ二人を描く全6巻です。

スポンサーリンク

概要

「マリーマリーマリー」は、集英社「Cocohana(ココハナ)」に2014年から2017まで連載されていた漫画作品。作者は勝田文(かつた・ぶん)さんです。

謎のギタリスト・森田に、出会ったその日に求婚されてしまった、鍼灸師のリタ。仕事もなけりゃ家もない、風来坊の30男。「ないわー」と思いつつも、ノーストレスで裏表の無い森田さんに惹かれていく。

その後、成り行きで?結婚してしまった二人が、リタの愛車・ミニとともにハッピーでファンタジックな結婚生活を送る、というマリッジ・コメディです。

マリーマリーマリー 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)勝田文:集英社

「マリーマリーマリー」全6巻レビュー

アバウトだけどハッピーな二人

ストーリー性の高い漫画、ハラハラドキドキする漫画、深い恋愛にキュンキュンする漫画が世にあふれる時代。

しかしこの「マリーマリーマリー」、それらとは一線を画す、ビックリするほどお気楽な漫画です(褒め言葉)。

フラフラして気まま、人たらしな色男・森田さんと、そんな彼にゾッコンのしっかり者・リタ。


[勝田文 著 集英社「マリーマリーマリー」1巻より引用]

二人がコミカルなトラブルに巻き込まれてすったもんだした挙句、毎回ラブラブなハッピーエンドを迎えます。

ごちそうさまだよ!(笑)

でもこれが勝田文さんのポップでファンタジックな絵柄で、実に楽しく読めるんですよね。各話を読み終えると、なぜだかいつも口角が上がっていることに気づきます。リタと森田さん(リタは「森田さん」と呼ぶ)夫婦のハッピーライフが、実にほほえましい。

イラストチックな絵柄も魅力

「マリーマリーマリー」の楽しさを産み出す源は、やはり勝田文さんの絵。ポップでキュート、イラストチックなその絵柄。読んでいるだけで楽しい、ずっと眺めていたくなる魅力があります。

そしてころころ変わるリタや森田さんの表情を追っていると、突然パッと視界に広がる鮮やかな見開きページ。


[勝田文 著 集英社「マリーマリーマリー」1巻より引用]

一瞬、心奪われてしまう華やかさ。読者を一瞬でファンタジックな世界に連れて行ってくれる。その雰囲気に心地よさを感じます。

同性も惚れる男前な森田さん

そして個人的にイチオシしたいこの作品の魅力。それは「森田さんがカッコイイこと!」。

いや私、同性ですけどね。森田さん、ホントにかっこいいんですよ。細面でやや角ばったアゴに切れ長のタレ目。黒縁メガネとハットがよく似合う。


[勝田文 著 集英社「マリーマリーマリー」1巻より引用]

普段はチャラチャラしているっぽいけど、人としての本質は外さない。そして何よりギタリストとして輝いている!これは惚れるわ。

男も憧れる男、森田さん。リタのかわいさと対象的なそのカッコよさが光ってます。

二人でいるからこその楽しい人生

そんな「マリーマリーマリー」。タイトル通り結婚から始まった二人の物語が描かれますが、読み返してみると「二人でいるからこその人生の楽しさ」を見せてくれます。

結婚に限った話ではありませんが、同じ時を過ごし、同じ喜びを感じるパートナーがいること。

それがハッピーな人生につながるピースの一つなのかもしれない。リタと森田さんを見ていると、そう思わずにはいられません。

まとめ

まあ、そんなに深く考えなくていいんですけどね!(笑)

感じるままに、その楽しさを受け入れたい「マリーマリーマリー」。リタ&森田さん、そして仲間たちの笑顔を眺めているだけで、自然と心がほぐれてくる漫画です。

物語は全6巻で完結しまししたが、またいつかどこかで、ハッピーマリッジの続きが見られることを期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました