「猫のお寺の知恩さん」全9巻―年上従姉とひとつ屋根の下で田舎暮らし

この記事は約3分で読めます。

新高校一年生が都会の喧騒を離れて、田舎暮らし。しかもそれが、年上のお姉さんとの同居だったら…?

そんな思春期の男の子なら誰もが夢見る生活(?)を描くのが、漫画「猫のお寺の知恩さん」

作者は「富士山さんは思春期」などのオジロマコトさん。2018年末刊行の9巻で完結となりました。

「猫のお寺の知恩さん」感想

あらすじ

新・高校一年生の須田源(すだ・げん)15歳。地元を離れて県外の高校へ進学するため、親戚のお寺に下宿することに。

そこで源を迎えたのは、いとこのお姉さん・古寺澤知恩(こてらさわ・ちおん)19歳。大人びているようで、ちょっといたずら好きな年上のお姉さん。

知恩さんと一つ屋根の下、犬のテンやたくさんの猫たちにも囲まれて、のどかでちょっとドキドキな、源の田舎暮らしが始まる―。

猫のお寺の知恩さん(1) (ビッグコミックス)オジロマコト:小学館

丁寧な田舎の描写が秀逸

「思春期の少年+年上の従姉とのドキドキ同居ライフ」というシチュエーションで、何かとイヤンな展開も期待しがちですが、一応祖母も一緒に暮らしているので安心(何が)。

とても健全でさわやかな「猫のお寺の知恩さん」ではありますが、年頃の異性の同居ということで、時にはラッキーハプニングが起こるのもご愛嬌(笑)。

物語の基本は、源と知恩さんや、同級生たちとの、笑顔あふれる触れ合い。丁寧に描かれるそれが、朴訥とした田舎の風景とマッチ。

「都会から見た都合のいい田舎」ではない、絶妙なバランスの田舎暮らしが、心地良さを感じさせてくれます。

魅力的過ぎる知恩さん

その中で「猫のお寺の知恩さん」の大きな魅力となっているのが、何と言っても知恩さんのキャラクターそのもの

太眉でやや丸顔、かわいいけれど美人すぎない彼女。源にとってお姉さん的な存在である反面、おっちょこちょいな顔も見せ、目が離せないヒロインです。

いやー、自分が思春期の時に、こういうお姉さんが近くにいたらドギマギするわ(笑)。

一方の主人公・源は思春期まっさかりで、大人と子どもの中間ぐらい。

そんな二人が、時に姉・弟のように、時に男女を意識しながら、微妙な距離感を保っているという、微笑ましくも悩ましい関係が展開されていきます。

雰囲気で描く胸の内

源と知恩さんだけではなく、同級生女子・昼間(ちょっと口が悪い)ら学校の仲間たちとのあたたかい交流も、「猫のお寺の知恩さん」の魅力。

劇中に終始、柔らかな空気が流れて、なんだかホッとする感じ

その空気を読者に伝えるのは言葉ではなく、キャラクターの表情や背景。セリフを多用せずに、人物の目線や距離感の描写から彼らの胸の内を伝えてくる、オジロマコトさんの表現力が絶妙にウマい。

とともに、絵から心情を類推する「漫画ならではの面白さ」を全編から感じます。

セリフが少ないのでサラッと読んでしまうのだけれど、各シーンで描かれる登場人物の気持ちや雰囲気を「読み取る」ために、繰り返しページをめくりたくなる。そんな魅力があります。

年の差恋愛の行方は?

そんな物語の中で気になるのは、やはり源と知恩さんの恋愛模様

本作はガツガツ恋愛を見せるタイプの漫画ではなく、また二人がいとこ同士であるという関係から、好き・嫌いはあからさまに描かれません。

が、時折その距離感がグッと近づくシーン。読んでいてものすごくドキドキする!この焦らされっぷりがたまらん(笑)。

しかし知恩さんは、祖父が無くなったあとのお寺を継ぐかどうかを、真剣に悩んでいるところ。一方の源は、まだ高校に入学したばかり。

源が知恩さんに心を寄せる様子はところどころで描かれますが、果たして知恩さんの気持ちはどうなのか?二人の関係性が変化することはあるのか?

源が田舎で過ごす一年が全9巻で描かれますが、二人が最終的にどのようなゴールに到達するのか、が大きな見どころです。

まとめ

以上、オジロマコトさんの漫画「猫のお寺の知恩さん」感想でした。

人物・風景・物語。どれをとっても繊細に、丁寧に描かれている作品。じっくりゆっくり、何度でも読み直したくなる魅力を持っています

また「猫のお寺」とタイトルにある通り、お寺に住むカワイイ猫たち(と犬一匹)の動物描写も秀逸。多方面からほっこりできる、オススメの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました