SF

SF

「七夕の国」全4巻―窓の外に広がる希望または絶望

役に立たない小さな超能力を持つ青年は、やがて自身のルーツにまつわる大きな渦に飲み込まれて…。 岩明均さんの「七夕の国」全4巻。歴史ロマンを織り込みながら、超能力を発端とする事件を描いたSFホラー漫画。1996から1999年にかけて、ビ...
SF

「アーサー・ピューティーは夜の魔女」―終末世界を旅する魔女の物語

安息の地を求めて夜の魔女は今日も世紀末を漂う―。 「ヘレンesp」に続いて木々津克久さんの漫画を。 「アーサー・ピューティーは夜の魔女」という一風変わったタイトルです。 カバーでは、赤毛の女性が路上で何やら追い詰め...
SF

「深海蒐集人」全1巻―”過去”を引き揚げるダイバーを描く海洋SFロマン

漫画「深海蒐集人」、近未来の海に潜る華麗なダイバーを描いた海洋SFです。 「蒐集」は「しゅうしゅう」と読みます。難しい字ですが「収集」と同義です。 作者は「かまたきみこ」さん。かまたさんの漫画に触れるのは本作が初めて。 ...
SF

「ソフトメタルヴァンパイア」―ハードでケミカルなブラッディSFアクション

世界の理(ことわり)を変える力を持つ少女と、彼女をめぐり、化学式を駆使した闘いを繰り広げる不死のヴァンパイアたち。 「EDEN」「オールラウンダー廻」の遠藤浩輝さん描くSFアクション漫画、「ソフトメタルヴァンパイア」。タイトルからして...
SF

「バタフライ・ストレージ」2巻―重厚な世界観と迫力のアクション

ますます加速する、蝶をめぐる闘い。百士は妹の蝶に近づくことができるのか―。 安堂維子里さんのSFアクション漫画「バタフライ・ストレージ」、待望の第二巻を読みました。 先に感想書いときますが、めちゃくちゃおもしろかった!です。 ...
SF

「隣町のカタストロフ」1巻―足元に広がる虚空の恐怖

当たり前にあった足もとが、謎の天変地異で突然無くなってしまったら―? そんな不思議な、いや恐ろしい現象を描いた漫画が「隣町のカタストロフ」です。 作者は「走馬灯株式会社」などを描かれている菅原敬太さん。 こ...
SF

「スピリットサークル」全6巻―少年と少女を縛る輪廻の環

少年の命を狙う少女。その胸には遠い過去からの因縁が刻まれていた―。 水上悟志さんのSF漫画「スピリットサークル」を読みました。 2012年から2016年にかけて少年画報社「ヤングキングアワーズ」に連載。 全6巻完結済みの漫...
SF

「手塚治虫 マリン・エクスプレス」―巨匠の新作?超特急の行く末は

海底を走る夢の超特急は走る。人々の夢と希望、そして陰謀を乗せて―。 その昔、日本テレビ系列『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の中でスペシャルTVアニメが放送されており、手塚治虫由来の作品が数多く制作されました(手塚作品以外もあり)...
SF

「サラメシ」で見る「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の制作現場

NHKで放送中の「サラメシ」にて、漫画家・太田垣康男さんの職場が紹介されていました。 太田垣康男さんは私も大好きな漫画家さん。「MOONLIGHT MILE」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」と愛読しています。 いつも...
SF

「ORIGIN」―生きるために。闇の世界の孤独な戦いを描くSF

ロボットたちは戦う。ただ一つの目的、「生き延びる」ために。 本格ハードSF漫画「ORIGIN」1~2巻を読みました。 「ORIGIN」はヤングマガジン誌に連載中で、作者はBoichi(ぼういち)さん。 Boichiさんの漫...
SF

「バタフライ・ストレージ」1巻―「蝶」を巡る異色のアクションSF

人が死ぬと、その魂は「蝶」になり、やがて消えてしまう世界。かつて妹の「蝶」をテロリストに奪われた青年は、やがて成長し、蝶を管理する「死局」の一員となる―。 人の魂が「蝶」となる世界を舞台に描かれるSFアクション漫画「バタフライ・ストレ...
SF

「スターダストメモリーズ」―宇宙の謎と神秘を描いた星野之宣のSF短編集

宇宙に進出する人類。彼らがその深淵で見たものとは―? 星野之宣さんのSF漫画と言えば「2001夜物語」が超有名ですが、その他にも数多くのSF作品を描かれています。 この「スターダストメモリーズ」もその一作。 バラエ...
SF

SFコメディ「おとうふ次元」全3巻―現代の常識は未来の非常識

未来からきたタイム・トラベラーが、現代世界で遭難する、というのは時間ものSFの王道パターンの一つ。 時間漂流者は、本来その世界に存在してはいけないもの。よって自分のせいで歴史が変わらないよう、細心の注意を払って行動しようとします。 ...
SF

桑田次郎版「ウルトラセブン」―力強い”黒”と流麗な線が産む、迫力と怖さ

子供の頃ヒーローものの漫画を読んで、ものすごく怖いシーンを見たのが記憶に残っていました。でもそれが何の漫画だったかずっとわからなかったのですが、最近ようやく判明。 桑田次郎さんの漫画版「ウルトラセブン」です。 赤・白・黒...
SF

「宇宙のプロフィル」―バラエティ豊かな本格SFオムニバス

これは良質なSF漫画!SFオムニバス「宇宙のプロフィル」を読みました。講談社ヤングマガジンコミックスより全1巻で刊行されています。 作者の「こがたくう」さんは本作がデビュー作だそうです。お名前は「こがた・くう」さん?それとも「...
SF

「神星記ヴァグランツ」全2巻―麻宮騎亜作、懐かしのSF・ファンタジー

今回ご紹介する漫画は、懐かしのSF・ファンタジー漫画「神星記ヴァグランツ」。 現在は絶賛絶版中ですが、こういう漫画もあった、という記録のために。 ストーリーはヴォクソール・プロ、作画は後に「サイレント・メビウス」を描く麻...
SF

「Silent Blue」―水の底の真実を求めて

「水」をテーマとした作品を多数手がけている漫画家、安堂維子里(あんどう・いこり)さん。 安堂さんの全1巻完結SF漫画、「Silent Blue(サイレントブルー)」を読みました。 舞台は現代ですが、ジャンルとしてはSF・...
SF

「攻殻機動隊」に見る電脳化のリアル

士郎正宗氏原作のSF漫画「攻殻機動隊」。押井守監督によってアニメ映画化されたのが1995年。 「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊ARISE」などのアニメをはさみ、20年以上の歳月を経てスカーレット・ヨハン...
スポンサーリンク