短編

まとめ・おすすめ

連作短編集・オムニバス形式の面白い漫画まとめ

特定のテーマや同一世界観・共通の登場人物などで展開される短編漫画をまとめた、連作短編集・オムニバス形式の漫画単行本紹介です。
ドラマ

「グッド・バイ・プロミネンス」―人と人との繋がりを独自の感性で描く連作短編集

ひの宙子さんのデビュー単行本「グッド・バイ・プロミネンス」感想。人と人とのつながりが連作形式で紡がれていく、オムニバス漫画短編集。各話の中にある「ハッとする瞬間」が面白い。
ドラマ

「二鳥翠 黒谷知也作品集」―文学小説感覚を持つ短編漫画全11編

「二鳥翠」 「にとりみどり」と読みます。表題作「二鳥翠」の主人公の名前。背が高くボーイッシュな彼女の憧れは、自分と似た雰囲気を持つ喫茶店のお姉さん―。 著者・黒谷知也さんによる、文学的雰囲気を漂わせる短編を取りまとめた、その名も...
SF

SF漫画「メランコリア」―巨大彗星落下前の世界描くシュールな連作ショート・ストーリー

巨大彗星「メランコリア」の接近により、滅亡寸前の地球。そこで繰り広げられる、奇想天外なショート・ストーリー。その意外な結末は―。 道満晴明さんの「メランコリア」。シュールなSF系コメディが詰まった上下巻です。
まとめ・おすすめ

この短編漫画がスゴイ!よりぬき短編マンガさん

読んで面白かった短編漫画集の中から、特に!オススメしたい一編をご紹介した「よりぬき短編」記事です。
ドラマ

「制服ぬすまれた」―かつてない「衿沢世衣子」が味わえる読み切り漫画集

英題「My uniform was stolen.」がそのまんまの素朴な感じでなんとなくツボにはまる、衿沢世衣子さんの「制服ぬすまれた」。5編を収録したよみきり集です。 衿沢世衣子さんの漫画と言えば、さわやかな風の吹くような、独特の清...
ドラマ

「ベランダは難攻不落のラ・フランス」―衿沢世衣子ファン必携の漫画短編集

ポップなタッチとゆるふわな世界観で、多くの漫画ファンを虜にしている衿沢世衣子さん。 短編集「ベランダは難攻不落のラ・フランス」では、様々な媒体で発表された魅力的な短編を収録しています。
まとめ・おすすめ

サブカル・バラエティ系の面白い短編漫画集まとめ

ちょっと変わってるけど、読んでみると面白い!サブカル系や、多彩なジャンルをまとめたバラエティ系の漫画を収録した短編漫画集紹介です。
まとめ・おすすめ

オカルト・ホラー系の面白い短編漫画集まとめ

ホラー漫画好きなら外せない!独特の味わいを持つ恐怖世界が繰り広げられる、オカルト・ホラー系のオススメ短編漫画集です。
SF

SFジャンル系の面白い短編漫画集まとめ

ライトなテイストから本格まで。豊かな発想から生み出され、読者を未知の世界へ誘ってくれる、SFジャンルの短編漫画集まとめです。
オカルト・ホラー

ホラー短編集「顔ビル/真夜中のバスラーメン」ー妖艶にして美麗なその世界

これははっきり言って傑作。呪みちるさんのホラー短編集「顔ビル/真夜中のバスラーメン」。 一風変わったタイトルですが、「顔ビル」「真夜中のバスラーメン」は、それぞれ収録されている短編の題名。 美麗なキャラクターと妖艶な筆致、そして...
オカルト・ホラー

「悪い夢のそのさき…」―読後に想像がモヤモヤ膨らむホラー短編集

かわいい絵柄で恐怖の展開、しかしシュールな笑いで独特の読後感を与えてくれる、「死人の声をきくがよい」でおなじみのうぐいす祥子さん。 その2冊めの短編集となるホラー漫画集「悪い夢のそのさき…」を読みました。 カバーでリコーダーを吹...
ドラマ

「このかけがえのない地獄」―心にさざなみが立つような5つの短編

ネットで話題となった「このかけがえのない地獄」。 なんともインパクトのあるタイトルと、カバーのかわいいメガネ女子が印象的な、全5編を収録した短編漫画集です。 作者の「アッチあい」さんは、「オゲハ」作者であるoimoさんの別名義だ...
まとめ・おすすめ

短編マンガが好きなんだ!人間ドラマ中心のおすすめ短編漫画集まとめ

人と人の間には必ずドラマが生まれるもの。読んで満足、味わい深い、短編漫画好きにオススメしたい人間ドラマ中心の短編漫画集の紹介です。
オカルト・ホラー

「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」レビュー

小学館「ビッグコミック増刊号」に連載中の「諸星大二郎劇場」掲載作品を中心に、諸星大二郎先生が2006年から2017年にかけて発表した短編が、一冊の単行本になりました。 「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」です。大判コミ...
ドラマ

短編漫画好きにおすすめ!「透明人間の恋」など安藤ゆき短編集3冊

長編「町田くんの世界」が大人気の安藤ゆきさん。しかしこれまでに3冊刊行された短編漫画も粒ぞろいの作品ばかりで見逃せない! というわけで本記事では安藤ゆきさんの短編集 「不思議なひと」 「透明人間の恋」 「昏倒少女...
ドラマ

「甘木唯子のツノと愛」―繊細な心情が込められたアーティスティックな短編集

少女の額に生えたツノ。その意味するものは何か―。 ちょっと変わったタイトルの短編集、久野遥子(くの・ようこ)さんの漫画「甘木唯子のツノと愛」を読みました。 自分にかざされる手のひらを見上げる少女。その額には角状の突起が…。
タイトルとURLをコピーしました