秋田書店

ドラマ

「凍牌-裏レート麻雀闘牌録-」―代打ちとして裏麻雀に臨む少年描くバイオレンスな麻雀漫画

昼は普通の高校生。しかし夜は一転、ヤクザの「代打ち」として非合法な闇麻雀に臨む少年を描く漫画「凍牌(とうはい)-裏レート麻雀闘牌録-」。 作者は志名坂高次さんで、全12巻完結済み(続編あり)。裏社会の片隅で行われる、ギャンブル…と言う...
コメディ

「僕の心のヤバイやつ」―陽キャ女子と陰キャ男子の「ありえる」ラブコメ

スーパー陽キャ美少女とスーパー陰キャぼっち男子。二人の中学生のちょっと甘酸っぱい交流を描く、桜井のりおさんの「僕の心のヤバイやつ」、通称「僕ヤバ」。SNSを中心に人気爆発、「このマンガがすごい!2020」でもベスト5にランクインしました。 ...
ドラマ

令和でもおもしろい!「ブラック・ジャック」のススメ。少年チャンピオン版収録話リスト付

2019年7月、少年チャンピオン・コミックス版の「ブラック・ジャック」全25巻が電子書籍化されました。 ブラック・ジャックはこれまでに何度も読んでいますが、今までコミックを買ったことがなかったので(ほとんど病院で読んでたw)、これを機...
オカルト・ホラー

「死人の声をきくがよい」全12巻―オカルト好きなら読むがよい

ヒロインは主人公の傍らによりそう、物言わぬ幽霊。「死人(しびと)の声をきくがよい」は、そんな設定が斬新なオカルト・ホラー漫画です。 作者はうぐいす…あ、間違えた。ひよどり祥子(さちこ)さん。2019年2月に刊行された12巻を持って完結...
SF

「大阪環状結界都市」―舞台は環状線。見えざるものと戦うオカルトSF

これは関西人と親和性の高いオカルトSF。白井弓子さんの「大阪環状結界都市」1巻。連載は秋田書店の「ミステリーボニータ」です。 舞台は「環状線」。と言っても東京の環状線ではなく、大阪の都市部を一周するJR西日本の路線「大阪環状線」のこと...
SF

「僕たちの新世界」―若者たちは写真の中の未来を変えることができるか?

通天閣を擁する大阪・新世界にて、若者たちが新たな食文化を作り上げる!…漫画ではない(お約束として一応書いておく)。 「バンビ~ノ!」のせきやてつじさん描く時間SFサスペンス漫画「僕たちの新世界」を読みました。 未来が写されたスク...
コメディ

「放課後ていぼう日誌」1巻―青空が眩しい!海辺のアウトドア・ライフ

ポカポカして晴れた日の堤防、っていいですよね。なぜだかフラフラと堤防の上に乗って、道なりに歩いてみたくなるような。 小坂泰之さんの漫画「放課後ていぼう日誌」の主役は、手芸部に入りたかった都会育ちの女の子。 彼女がなぜか!高校の「...
ファンタジー

「新月を左に旋回」全1巻―不思議な同居人「このは」との生活

ある日とつぜん不思議な友達があらわれたら、それはファンタジックな毎日の始まり! 普通の中学生・ユウコと謎の少女「このは」、二人の日常を描いた漫画「新月を左に旋回」です。 作者はポップでライトな絵柄が魅力の衿沢世衣子(えりさわ・せ...
SF

「AIの遺電子」―ヒューマノイドと人間の共存する世界を描くSF

人間とほぼ変わらない外見だが、頭脳はAIであるヒューマノイド。そんなヒューマノイドたちと人間が共存する近未来をドラマティックに描くSF漫画が、山田胡瓜さんのSF漫画「AIの遺電子」です。タイトルの「AI」は「エーアイ」ではなく「アイ」と読み...
オカルト・ホラー

「ヘレンesp」全2巻―不思議な力に導かれる盲目の少女

目が見えず、耳が聞こえず、喋れない。そんな三重苦を背負った少女が、愛犬とともに人知を超えた出来事に出会う物語。木々津克久(きぎつかつひさ)さんの漫画「ヘレンesp」を読みました。 週刊少年チャンピオン誌にて、2007年から2010年ま...
オカルト・ホラー

「三つ目黙示録~悪魔王子シャラク~」―帰ってきた三つ目の王子と美人助手

アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク 我と共に来たり 我と共に滅ぶべし! あの伝説のフレーズを、再び漫画で読める日が来るなんて…。 手塚治虫さんのオカルト・ロマンが詰まった漫画「三つ目がとおる」。そ...
オカルト・ホラー

「おとろし」-ねっとり怖いカラスヤサトシのホラー

秋田書店・チャンピオンREDコミックスより発売中、カラスヤサトシさんのホラー・オムニバス漫画「おとろし」を読みました。 何やら驚いているような表情の和服の女性。その顔にはタイトルである「おとろし」、そして作者名「カラスヤサトシ」の文字...
タイトルとURLをコピーしました